« 終わりよければ | トップページ | 夏のお茶 »

親の背中

庭の百日紅が咲いた。

蒸し暑い1日の夕方、夏本番が来た感じがするが、まだ梅雨明け宣言はない。

Img_2861_800x600


日曜日の参院選の後、どのTV局もいっぺんに静かになった。

今日の高知新聞1面「小社会」というコラムが面白い。


与党が過半数を制した参議院選が終わった。

今回初選挙に行った18~19歳の若者に感想を聞いてみたい。

ーーー省略ーーー

「投票に行く」と答えた新有権者は普段、政治経済や社会問題について親子で話をしているほど割合が高かった。

主権者教育はまず家庭からというのは、今後の参考になる。子の問題は親の問題でもある。

気軽に会話してほしい。

ある子供向け施設を運営する会社が、中学3年生を対象におこなった意識調査も興味深い。

親が投票に行く子の約8割が「18歳になったら投票に行く」と答えた。

親が投票にほとんど行かない人では、その回答は3割以下にがた落ちする。

子は親の背中をみている。

ーーー後略ーーー

我が家の場合、選挙は必ず行く。

けれど、子どもの前で政治や経済の話はあまりしなかったように思う。

嫁いだ娘たちは、ちゃんと投票にいっているかどうか心配だ。

EU残留か離脱かで国民投票したイギリス。

投票に行かなかった若者の多くが「残留派」だったという。

後から悔やむより、ちゃんと投票していたら、今回の結果ではなかったはず。

日本もしかり。

初めての合区選挙。高知県はなじみのない顔だった。

それでも、改憲か否かを決める大切な選挙。

子どもや孫たちが再び戦場に行かない政策をする党に私は1票を投じた。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

« 終わりよければ | トップページ | 夏のお茶 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/66477712

この記事へのトラックバック一覧です: 親の背中:

« 終わりよければ | トップページ | 夏のお茶 »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

サイドパーツ