« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

嬉しさの連鎖

夏も終わりに近づき、今日は久しぶりに涼しい1日でクーラーもいらない。

いつもは朝の家事をすませると、汗びっしょりになりシャワー、出かけて家に帰るとシャワー・・・と1日に何度もシャワーを浴びる。

それが今日は汗をかかない。

それだけで嬉しい。

黒潮町に住むYさんが企画したマクロビオティック料理教室「いのちのごはん 夏編」に参加する。

講師は昨年、私たちもお世話になったおなじみの先生。

四万十市にある四電プラザの調理室は明るくて清潔で、すべて電磁調理器を設置。

少人数で和やかな教室だった。

Img_20160829_3478

Img_20160829_34688


地元の野菜を使った料理とデザートをおいしくいただく。

同じ調理台でご一緒した若い女性お二人とも知り合えたし、今日は嬉しいことが続く。

涼しさは嬉しいことも連れてきた。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

夏の集い

8月終わりの土曜日、事務局をしているグループによる「ゆうきカフェ」を開催した。

今回で3回目になる。

7月末の開催が私のスケジュールの都合で遅くなってしまった。

今年はいつになく猛暑の夏。

やっと朝夕少し涼しくなったものの日中は残暑厳しい。

そんな中での開催となった。

Img_3097_800x600

Img_3098_800x600

メニューはチラシずし、マレーシア風カレー、かき揚げ、かつおのカルパッチョ、いんげんとトマトのふわふわオムレツ、ゴーヤと猪肉の炒め煮、マーボー茄子、夏野菜たっぷりソーメン、デザートはスイカ、メロン、手作りバナナケーキ、ゼリー、甘酒、紫蘇ジュース・・・など。

前日、準備をし当日調理をする。

なれない場所だったので思いのほか時間がかかり、開催ギリギリに出来上がった。

それでも待ってくださっている人たちがいる。

メンバーと詳細を話し合いができていなかったと反省する。

バタバタしながらも、和やかに開催できた。

主に畑で育てた夏野菜を使ったメニューで、こどもさんを含め36名の参加。

あるTVのお料理番組で禅寺の和尚さんの言葉がこころに響く。

「やっている」と思うのではなく「やらさせていただく」と思うことだ・・・と。

年々、疲れが増すものの、喜んで食べてくださる人がいる以上、続けていこうと思っている。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

シンプルライフ

金曜日8時からの「団塊スタイル」を先週久しぶりに見た。

「どう備える?ひとり暮らし」がテーマだった。

今回は、子どもが独立、親や配偶者が亡くなるなどで、この先、ひとり暮らしを迎える人に向けて、何をどのように備えればよいか、体験者の事例を交え、ノウハウと心構えを伝える。

ひとり暮らしで、気になるのは安心安全に暮らせること。

医療やいざというときの備えなどを紹介する。また、長年ひとり暮らしをしていると、整理がおろそかになりがち。

ひとり暮らしに適した、住まいの整理術を伝える。

・・・という内容だった。

Img_2866_800x600


いつか一人になる。

一人で暮らすことは孤独になることなのか?

それは人それぞれの考え方次第。

この番組はボジティブに一人暮らしを楽しむノウハウが詰まっていて、なるほど・・・と感心する。

地域で自分が得意とすることを困った人に手助けする。

得意分野を共有することで、お互いが助け合って暮らしている。

ある一人暮らしの女性のシンプルライフを紹介していた。

居間には必要なもの以外、何も置かない。

押入れも仕分けして整理、領収書も1つの引き出しに簡単なラベルで仕分けしている。

元気な時からメモ書きのような遺言書をバックに入れていていざの時、困らない方法に、共感した。

「シンプルに暮らす」方法は将来に向けて最良の方法なのかもしれないと納得しながら番組を観た。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

夏の山陰路

夏の終わりに家族で行く旅、今年は山陰を巡った。

思い立ったのは1週間前。

宿だけは、ネットで何とか予約できた。

Img_3057_800x600

Img_3060_800x600

Img_3063_800x600

Img_3065_800x600

Img_3072_800x600

Img_3074_800x600

Img_3090_800x600


出雲~松江~足立美術館~蒜山に行く。

日本全国、どこにいっても暑い。

一度行ったことのある懐かしい場所。

1つの場所でゆっくりする。

出雲まで高速道路が伸びているし、米子道、浜田道に続き、昨年3月から松江道も開通。

しまなみ海道から尾道~福山~松江への高速道を初めて利用した。

松江はしっとりとした城下町。

日曜日ともあって観光客が多かった。

観光ボランティアさんに1時間ほどお城と周辺を案内してもらった。

国宝松江城の歴史など、興味深いお話しが聞けた。

小泉八雲館の前にもおしゃれなお土産屋さんもできていた。

10年一昔というけれど、それほど前でもない。

八雲たつ出雲の地。

ラフカディオ・ハーンが愛した、山陰の地に私も惹かれる。

足立美術館を経て、蒜山高原に立ち寄り、米子道を通って帰宅した。

夏の旅はエネルギーを要するけれど楽しい旅でもある。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

美しきアスリートたち

リオオリンピックも終盤に入った。

毎夜、ハラハラドキドキ寝不足の日が続く。

日本選手の健闘ぶりに涙が出るときもある。

そんな中、少し前行われた陸上女子、400mハードル予選でのこと。

レース途中で雨になり中断。

Joy100jpp022113824

Joy100jpp022128552

Joy100jpp022128576


その後のレースで4人の選手が接触して倒れる。

それでもホームについた一人の選手が起き上がれなくなった選手を迎えにいった。

勿論二人とも準決勝に進むことはなかった。

メダルを争う競技の中で、心温まる出来事だった。

オリンピック精神はすたれていない。

私は、そんな映像に感激している。

それにしても、美しいアスリートたち。

それは鍛え上げられた肉体と精神的な美しさが見ている私たちを惹きつけている要因なのだろう。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

潔い生き方

昨年の今日のブログに「媚びない生き方」というタイトルで猫のことを書いている。

人の移動が多い季節、一番被害を被るのは猫たちだ。

捨て猫だったノンタは家じゅうの涼しい場所を知っていて、午前中は脱衣場のマットの上で、昼からは廊下に寝ている。

お天気のよい日は木陰で過ごす。

やっと元の生活に戻って、いつものお気に入りの場所に無防備な姿で寝ている。

Photo Photo_2

Img_2888_800x600


老猫のポロは最近、朝夕のご飯のときは帰ってきて、またどこかへ出かける。

たぶん彼女なりに自分の生きている時間が長くないのを知っているのではないかと思う。

猫と過ごす時間が私の至福の時。

彼らも媚びないし、私もその媚びない生き方に共感している。

人に合わすことも必要だけれど、私自身のライフスタイルは変わらない。

たとえ不器用であったとしても・・・。

その21歳の三毛猫ポロが1週間ほど前からあまり食べなくなった。

キャッツフードもペースト状の離乳食みたいなものをあげても頑なに食べない。

水だけは飲む。

動物病院で栄養剤を点滴してもらうけれど、先生もいつ終わりの時を迎えてもおかしくない状態だという。

昼間は、居間の涼しいところで過ごし、寝る前に脱衣場に移す。

朝いつものように猫に声をかけると彼女はいない。

家の内外を探すけれど、忽然と姿を消してしまった。

心配な夜を迎えている。

多分彼女は自分の死期を悟っていたのだと思うと胸が痛む。

21年間、家族としての歴史を共に刻んできた。

一杯の愛情を彼女からもらった。

まだ帰ってくることを信じているけれど、彼女の潔い生き方は「命の終わり方」を私に教えてくれているような気がしてならない。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

味噌汁の味

久しぶりに少しだけ雨が降った。

欲を言えばもう少し長く降ってほしかったけれど、人も動物も植物も生き返った気がする。

慈雨とは、こんな雨の降り方なのかもしれない。

ひと時、にぎやかだった我が家も、また静かさを取り戻した。

最近、あさドラを見ていて録画で先週分を見る。

ちょうど、次女がお嫁入りのシーンだった。

ご近所さんたちが祝福する中、自宅から花嫁が出ていく場面。

Img_3039_800x600

なにか懐かしい。

Img_3040_800x600


Img_3041_800x600


私たちの世代は式場での結婚式に移行する過渡期だった。

田舎の祖父母は「とと姉ちゃん」と同じようなやり方を望んだ。

式場では上司の花山さんが祝辞をいう。

違う環境、文化の中で育った男女が新しい家庭を築くとき、相手の家の味噌汁の味に早くなじんでほしい。

それは相手に寄り添い、思いやることだと。

・・・深い言葉のメッセージが伝わる。

味噌汁の味は、その家の歴史かもしれない。

私は毎日味噌汁を作る。

最近の食生活では、その味噌汁そのものを作らなくなっているようで少し寂しい。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

ふるさとに集う

季節の行事のメインであるお盆。

夏の休暇を兼ねて故郷に帰ってくる人々で田舎は人が多くなる。

我が家もしかりで、この週は、いつものように娘一家が帰省中。

1日があっという間に過ぎていく。

猛暑の夏であっても活気にあふれている。

Img_3026_800x600

Img_3028_800x600

Img_3036_800x600


大汗をかきながら、食事を作る。

夜は庭で焼き肉や花火をする。

ひと時のささやかな楽しみ。

あと少しでそれも終わる。

見上げると半舷の月が美しい。

明日の今頃は、いつものような静寂な夜が訪れていることだろう。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

発見!

恒例のお墓掃除に土佐清水~四万十市に孫と一緒に行っていた。

毎回、半日以上も費やすお墓参り。

大汗をかきながら廻った。

Img_3016_800x600


四万十市にある古いお墓に行ったとき、孫たちが発見したことがあった。

それは、墓石に寛永、天保、嘉永、安政、慶応の文字があって興味を持ったらしい。

今、小学4年生の孫が「日本の歴史」の本をよく読んでいる。

このお墓も、私たちが行けなくなったら1つにまとめようと夫と話している。

帰宅して調べてみる。

幕末の年代別に並べてみて、今から186年前の墓石が残っていることも今回の大きな収穫。

多分、夏休みの自由研究に使うだろう課題に私自身も学びと発見の夏の1日になった。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

高砂百合の咲くころ

猛暑日が続く。

毎夕、花や野菜の水やりが日課になっている。

いつもは夏の終わりに咲く「高砂百合」が今、満開。

Img_3017_800x600


Img_3018_800x600


例年より20日ほど早い開花だ。

毎夜、オリンピックLIVEを見ていて寝不足ぎみ。

「真夏の夜の夢」はまだまだ続きそう。

長崎が被災して71年目の今日。

市長の弔意メッセージを聞いた。

オバマ大統領がそうであったように核を保有している国、しない国も含め、実際に被爆地を見て感じてほしい。

シンプルで心のこもった言葉は聞くものの心に響いた。

オリンピックや高校野球の陰に隠れた感じの今年の原爆記念日。

私たちはこの日を忘れてはならない。

 

 

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

真夏の週末

土曜日、四万十市防災センターで行われた「防災植物教室」に参加。

四万十河川敷で植物を採取。

夏休み中とあって親子づれの参加者が多かった。

Img_3460_800x600


名前を調べ、標本づくりに挑戦!!

昼食は身近にある雑草を使ってのランチをいただく。

Img_3463_800x600

Img_3467_800x600 Img_3469_800x600


葛の若い茎、クローバ、ハコベ、スギナ、ナズナの天ぷら、つゆ草の卵とじ、スベリヒユのマヨネーズ和えなど、おいしくいただいた。

災害時、食べられる野草を覚えておくと、対処に困らない。

よい講座を聴くことができた。

Img_1062_800x533

今日は、愛媛の孫が弓道四国大会(高知市)に出場するため応援に行っていた。

子ども子どもしている普段の彼女とは違い、弓を射る姿は高い精神性を感じた。

成長した孫を見て、帰路についた。

暑い夏、イベント続きの週末だったけれど、充実した2日間ではあった。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

真夏の集い

8月は学校関係のボランティアもお休み。

少しだけ、こころにゆとりができる。

昨日は地域の元気クラブの日。

今回は、保健師さん、栄養士さんのお話しもあった。

Img_20160805_56865

Img_20160805_55861

Img_20160805_56483



暑い日だったけど、この日を楽しみに17人ほどが集まってくれていた。

月1回のこの集まりが定着して、回を追うほどに参加者が増えてきているのも嬉しい。

会で積み立てたお金と少しだけいただく補助金で、DVDパネラーとブルーレイを購入。

百歳体操や、色々なビデオがこれから見られるようになった。

食卓を囲むことも含め、楽しみが増えてくると絆もより深まる感じがする。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

ヒマワリの咲く道

日中は相変わらず猛暑の日が続く。

昼過ぎ、晴れていても突然驟雨になるから朝夕はしのぎやすい。

いつも通る道路わきにヒマワリの花が咲いていた。

Img_3455_800x600

Img_3456_800x600

Img_3458_800x600


ヒマワリは一斉におひさまに向かっている。

その姿を見ているとほほえましい。

暑い夏に元気に咲く花は、私たちに「元気にな~れ」っていっているような気がする。

大昔見た映画、ソフィアローレンとマストロヤンニ主演の「ひまわり」を思い出した。

先の大戦でイタリアが戦争に負けた後、夫の帰りを待つ母娘に降りかかる悲劇を広大なヒマワリ畑を背景に展開する物語。

戦争を全面に出してはいなかったけど、映画を観たすべての人の感動を呼んだ。

もうすぐ終戦記念日。

私たちは、その悲惨な戦争を忘れてはならない。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

真夏のご褒美

もう2週間以上雨が降らない。

カラカラお天気とギラギラ太陽に人も動物も植物もみんなぐったり!

昼過ぎ、お天気が一転し、激しい雷雨が1時間ほどあった。

おかげで久しぶりに涼しい夜を迎えている。

Img_3015_800x600


昨日、宝塚に住んでいる従妹からの嬉しい小包があった。

私の好きそうな本や雑貨など、いつも心のこもったプレゼント。

手に取ると幸せが広がる。

クリスマスに彼女からいただいた朝井まかてさんの著書「先生のお庭番」「すかたん」にすっかりはまってしまい、そのほかの著書も読むほどファンになった。

夏は暑くてあまり好きではないけれど、こんなサプライズがあると元気になれる。

Img00835_600x800


以心伝心、今年の梅も出来上がり、あとは自家菜園で育てた野菜や手作り味噌、ラッキョウなど送ろうと思っていたところ。

むかし、県外に住んでいた時代に祖母がよく故郷小包を送ってくれた。

送ってくれる祖母も亡くなってしまい、今そのお返しをしている。

いつまで続くかわからないけれど・・・。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ