« 鏡川のほとりで | トップページ | 節分の日に・水鳥のいる風景 »

花のあとさき

寒暖の差が激しい。

寒かったかと思うと温かくなったり・・・温度差があるためか体調管理が出来にくい。

インフルエンザが蔓延していて「読書ボランティア」に行く学校でも、り患して休んでいる児童も多い。

1月の終わりの週…深夜にNHKプレミアムドラマ~「花のあとさき」ムツばあさんのいない春~を見た。

それも途中から・・・。

Photo Photo_2


2002年、秩父山中の限界集落に住む、ムツさんご夫婦を2014年まで追いかけたドキュメンタリードラマ。

初めのシーンは道路わきの空き地に二人で紅葉の苗木を植えていた。

この集落はダムができるまで人が通るだけの道だった。

大正15年生まれの彼女は極度の近視で、家業の農業を手伝う。

そのころ、ほとんどの女性が小学校を卒業するとすぐ村外の紡績工場に働きに出ていた。

26歳の時、秩父山中の集落に嫁ぐ。

農家の仕事は休む暇もなく続く。

水道もなく川から何度も水をくみ上げ、養蚕の桑を大きな籠で担う。

小柄な体でよく働いた。

ご主人が亡くなり一人になったムツさんは冬の間は息子さんの住む町で暮らす。

次のシーンでは、ムツさんが急斜面の畑に花桃の木を植えていた。

それがムツさんを見る最後の場面になった。

畑で倒れ、2週間床につき天国に行ったという。

2014年春、ムツばあさんが植えた花桃の花が美しく咲いていた。

自分の終わりを迎える時を悟って、先祖が切り開き守り続けた畑を自然に返す。

ムツばあさんの生き方は今を生きる私たちの心に響く。

見終わった後、清々しい気持ちになった物語だった。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

« 鏡川のほとりで | トップページ | 節分の日に・水鳥のいる風景 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/69451815

この記事へのトラックバック一覧です: 花のあとさき:

« 鏡川のほとりで | トップページ | 節分の日に・水鳥のいる風景 »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ