« 立春・佳き事あり | トップページ | 善意の輪 »

子ども時代の記憶

いつも通る道沿いに紅梅が咲き始めていた。

季節は忘れずやってくる。

2017020722572900

2017020722573003


朝の時間、久しぶりにTVを見る。

あさドラもあまり見ていないからストーリーがわからない。

その後の「あさイチ」で「知ってほしい・・・いじめ後遺症」をテーマに取り上げていた。

いじめを受けていた子どもが、大人になって突然その後遺症が現れることがあるという。

こころに受けた傷は深い。

それは摂食障害やうつ病、対人恐怖症など精神疾患を発症する事例もある。

自責の念や自尊感情の低い人が多く、適切な治療でもとに戻ることが可能。

ちょうど同じころ、お気に入りのブログで「小学校時代の自分に本来の自分の姿が隠れている」という内容の記事があった。

小学校の6年間で人格形成し、成長するにつれ自分の悪い部分は隠してしまい本来の自分自身は見えにくくなる。

そういえば・・・と納得することが多い。

私の小学校時代は、あまり目立つことはしない、おとなしい子どもだった。

いつも周りの友達に大事にされていた記憶がある。

スポーツは苦手で、勉強はコツコツするタイプだったように思う。

積極的な性格になったのは中学校からだった。

今現在、こんな風になったのは自分自身でもわからない、謎である。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

« 立春・佳き事あり | トップページ | 善意の輪 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/69520353

この記事へのトラックバック一覧です: 子ども時代の記憶:

« 立春・佳き事あり | トップページ | 善意の輪 »

ランキング

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ