« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

心をこめて暮らしを紡ぐ

3月の終わりは雨の1日だった。

ソメイヨシノも、ようやく3分咲になった。

この1週間で満開になるのだろうか。

花を待つときが一番ワクワクしているのかもしれない。

Img_3589_800x600


裏庭の花に野鳥がよくくる。カメラを向けても逃げない。

Img_3569_800x600


現在・過去・未来・・・・未来の方が天に近くなった。

それでも、私はこれから始まる人生にこころを紡ぐ。

まずは、何から始めようかと考える。

思い切ってキッチンを改造しようと思索中。

余りものをため込むこんでいないと思っていたが、結構色々いらないものがある。

そうして徐々に身辺の整理ができる。

これからの時間を潔く過ごすことも、未来につながる人生が豊かになるような気がする。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

一枚の写真

桜はまだだけど、庭も春らしい装いになってきた。

Img_3593_800x600

Img_3595_800x600

Img_3591_800x600


あさドラをまとめて見ている。

盛り上がりとしては、起伏がなく是が非でも見たいという感じではないが、ほんわかとするドラマだ。

終盤近く、登場人物たちのセリフに説得力がある。

一枚の写真は、そのときの幸せな瞬間を写し撮っていて、懐かしい過去の思い出まで共有できるもの・・・だと。

断捨離とは真逆の「物を大切にする」という精神がこの物語の核になっているような気がする。

主人公の亡くなった母が娘にいう言葉もまた心に響く。

言葉の力も人を元気にするし、また反対に傷つけたりもする。

私も今日のドラマを見ていて、実家の母が言った言葉を思い出した。

子育て中、環境にもなれず、義母から何気なく言われた言葉に傷ついていた。

多分農業全般ができないことの苦言だったと思う。

傷ついて実家に帰った私に「元気出して!あなたは、おっとり、ほんわかしたところがいいところだから・・・」と。

その言葉に救われ、自信ができた。

今は年老いて菩薩のようになった母。

入院先がインフルエンザ規制でお見舞いに行けないけれど、解除になったら飛んでいこう。

彼女は私の実母ではないけれど、大切な人なのだから。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

それぞれの春

今年は桜の開花が遅い。

昨年のブログを見ていると、ソメイヨシノが3月末で7分咲になっている。

いつもの年と違い朝夕は肌寒くストーブをつけている。

566x800_2

<昨年写した3月末の写真です>


松山に住む次女一家が土曜日から今日まで帰省していた。

日曜日、春のお茶会に友人と行く約束を、2か月前からしていてキャンセルが出来なかった。

忙しい祖母に孫たちも慣れてはいるけれど、申し訳なく思っている。

草餅を作り、おみやげに持たす。

これに懲りずまた帰ってきてほしい。

昨年の今頃、家族で足摺岬を訪れた。

566x800_3

1年経つのは、ほんとうに早い。

その時の写真を眺めている。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

再びの

仕事を通じて知り合った仲間と、退職後も1年に1~2回、会っている。

高知市、南国市、土佐市、須崎市、いの町、日高村・・・の元職員さんたち。

もう10年来行き来している。

今年は、スケジュールいっぱいの私に合わせてくれて、宿毛市まで来てくれた。

南国市からだったら3時間ほどの長距離運転になる。

久しぶりに会う彼らは本音で話すことができる素敵な仲間たち。

Img_3582_800x600

Img_3587_800x600


夕食後の懇親会はお腹がよじれるほど笑った。

土曜日の朝は、あいにくの雨になった。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、次なる再会の場所を決め、お別れした。

Thankyou and Goodbye My DearFriends

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

3月のお茶

寒の戻りのような1日だった。

今日、3月の「お茶のお稽古」を担当する。

来客があると気合を入れて掃除をするところから始まる。

「お客さんがあると家がきれいになるからいいね」・・・と夫は笑う。

ある意味緊張することは生活する中で、いいことかもしれない。

いつものメンバーで、和やかにお稽古する時間が好き。

今日もたわいのないことで笑い転げる。

これがあるからお稽古が続けれれるのだと思う。

2017032322190300_2

Img_3573_800x600

Img_3575_800x600


少し遅くなったけれど、掛け軸は菜の花、蓋置はお雛様、茶碗は桜と季節感はバラバラ。

それでも楽しみながら続けている。

明日は宿毛・椰子でのOB会がある。

高知県下から、友人たちが集う。

久しぶりに、長い付き合いの彼らに会える。

再会が楽しみだ。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

すきま時間

今日も日帰りで高知市に行っていた。

年度末の総会や次年度に向けての課題など話し合う会が多い。

午前中の会議だったので、昼から大好きなスタイリストさんのいる美容室で髪をカットしてもらう。

ショートカットになってさっぱりした。

帰る途中、婿の母親が入院している病院にお見舞いに行く。

移動距離が長いので、こんな風に私の1日が終わる。

楽しみにしていた「カルテット」最終章は録画しているから、今度すきま時間に見ることにする。

2017032123342800

2017032123342801

あちこちに桜が咲いている。

ソメイヨシノではないが気持ちが華やぐ。

東京は桜の開花宣言をした。

高知は23日ごろだという。

ワクワクと花を待つ今が楽しい。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

里山の色

春は花の季節。

本屋さんに立ち寄ったとき見つけた雑誌の1ページ目に「里山の色」という写真のコラムがあった。

なるほど、季節の移ろいの中で里山もまた新しい色に彩ろられる。

里山とは・・・の定義はなんだろうか。

都市と山との間に位置し、人間が自然の一部分として自然と共に生き、自然資源を利用しながら暮らしているところ。

だとしたら、私の住んでいるところはまさに里山。

Img_2414_800x600

Img_2420_800x600


花の季節にぴったりくる花は、やはり菜の花だろう。

四万十川の流域に菜の花畑が広がっている。

一面黄色の絨毯を眺めていると、晴れやかになる。

いなかっていいなぁ・・・と思う瞬間でもある。

春の柔らかい日差しは人のこころも和ませてくれる。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

流れに身を任せる

立て込んでいたスケジュールがやっとクリアでき、ここ2~3日ゆっくりとした時間を過ごしている。

あさドラを見ていたら「流れに身を任せたら、方向性が決まってくる」・・・というセリフにハッとした。

色々なことが形になってきているのも協力してくれる人の力によるもの。

反対に批判もある。

いつもはボジティブに考える方だけど、疲れているのかナーバスになっていた。

そうだ・・・流れに身を任せよう!

と思ったら心が軽くなった。

Img_3564_800x600_2

Img_3565_800x600

Img_3567_800x600_2

Img_3569_800x600_2

Img_3562_800x600_2

庭に出ると春の花たちが咲いていた。

コブシ、水仙、クリスマスローズも今が盛り。

花たちは季節を忘れず、咲いてくれる。

明日は恒例のお墓掃除にでかけるつもり。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

モルダウ

今、WBC戦が面白い。

その後の番組「カルテット」を毎回楽しみに見ている。

TVはほとんど見ないと言いながらブログ更新するときにこの時間帯のドラマを見ていたら結構ハマってしまった。

出会うはずのない4人の男女が偶然出会う。

それは弦楽器を通じたものだった。

冬の軽井沢、別荘生活をしながら、近くのレストランでカルテットを組んで活動している。

Quartet511024x679

4人の人生は謎の部分が多い。

物語も最終章になった。

ストーリーもだが、彼らの会話が毎回面白い。

久々の大人のドラマも後1話で終わりになる。

彼らの弾く「モルダウ」が好き。

たまには静かにクラシックを聴いてみたくなった。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

 

それぞれのカタチ

いちばんのなかよしさん・・・という絵本がある。

作者は「はらべこあおむし」のエリック・カールさん。

私の親友は、いつも会っているというわけでもないけれど結婚前からの友達。

退職後の生き方は人それぞれ。

私は今やっていることが、自分のやりたかったことなのかどうかはわからない。

彼女はパッチワークやちりめんの小物づくりを趣味でコツコツ取り組んでいた。

今日高知市で会議の後、久しぶりに彼女と会った。

女流展で青潮賞を受賞したということを控えめに話してくれた。

2017031421395400


その後、すぐ美術館に行く。

宿毛市の知人も賞をいただいていた。

2017031421345700

2017031421345800


受付に許可をもらって写真も撮らせてもらった。

人生は色々あっても友がいる。

そんな友人が誇らしく思った春の美術館巡りでもあった。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

 

春の宵

よく晴れた日曜日。

裏庭のサクランボの花が満開になった。

午前中、畑で過ごす。

鳥たちのさえずりを聞いていると「ホーホケキョ」と鶯の鳴き声がした。

前聞いた時より上手になった。

柿の枯れ枝にモズが止まっている。

椿や今咲いている花たちの蜜を吸いに来ている。

午後から、四万十市へ新車の試乗に行く。

もし買うとしたら人生で最後の車になることだろう。

高い買い物だから今回は夫に出費してもらうかもしれない。

Img_3550_800x600

Img_3552_800x600


春の夕暮れ、ふと空を見上げると月が出かかっていた。

柔らかな明るさに誘われ、外に出てみると夜空に満月が美しい。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

 

3月のこども食堂&祈りの日

3月のこども食堂は1週間前倒しで今日の開催になった。

Img_3558_600x800_2


協賛しているグループのイベントと合わせる形で始まったので3月はバスに乗って遠足にいく。

行先は市内の運動公園。

20170311_224315_800x800

よく晴れて日差しも暖かく風もない遠足日和。

お弁当はそれぞれが分担して作り、お弁当箱に詰めるのは参加した子どもたちや保護者。

同じ材料なのに盛り付けにそれぞれの個性があって楽しい。

楽しい時間はあっという間に過ぎる。

こんな形でこどもたちと共有する時間もあっていいなぁ・・・・と思う。

大人、子供で44名の参加でした。

こども食堂も来月から本格稼働する。

年度初めの4月は施設の関係でスムーズに開設は無理だとしても計画を共有し、この3か月の反省を含めて訪れてきてくれるすべての人たちが「ほっとする居場所」になれるようしたいと思っている。

17103577_1829209677334248_695798041 17201136_1829209720667577_378537692

17201236_1829209847334231_780605900 17201302_1829209974000885_718016785

今日は3月11日。

東日本の大地震が起こったのは6年前。

その1年後南三陸町を訪れた。

あの光景は忘れない。

そして震災語り部さんが言った言葉。

私たちのことを忘れないで・・・・。

あれから、自分の中で何かが変わり今、子どもたちと関わっている。

今の季節、必ず「つなみ」関連の絵本を読む。

祈りの日は続く。

ID:x056ge

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪




春の異動

春のさきがけ、警察幹部の人事異動が新聞に発表されていた。

その中に宿毛署長のお名前があった。

彼は地域に寄り添ってくれるフレンドリーな署長さん。

私たちの地域でもイベントの後、講座を持ってくださった。

とてもわかりやすく、高齢者にも好評だった。

1月の「こども食堂」オープンの記事が新聞に載った翌日、わざわざ電話をいただいた。

自分が交通違反をしていなくても、警察官を見るとぎょっとする。

それが彼によって払拭した感じがしていた。

どうか新しい部署に行ってもお元気でご活躍ください。

・・・と祈らずにいられない。

Img_3541_800x600

Img_3542_800x600

Img_3543_800x600

Img_3545_800x600

Img_3544_800x600


冬に逆戻りのような今日、庭にクリスマスローズ、黄水仙が咲いていた。

春はそこまでやってきている。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

春のイベント

いつも通る道に菜の花が咲いている。

2017030121223702

2017030121223801


春になるとイベントが始まる。

現にもう取り組んでいるものもある。

1昨日は小野梓の「梓立祭」があった。

知人も高知から仲間たち3人と訪れる。

宿毛駅に出迎え、3時間ほど歴史探訪をご一緒した。

宿毛は幕末から明治にかけ、多くの偉人を輩出している。

小野梓、小野義真 岩村高俊 大江卓 坂本嘉治馬 本山白雲 竹内綱 宿毛最後の城主 伊賀氏、後藤環爾、歌人の北見志保子等々。

2017030710543900

2017030710544000

2017030710543902

<境内に仲良しの黒猫が。。>


松田川には野中兼山の作った「河戸の堰」が残っている。

兼山亡きあと遺族が宿毛に蟄居され、その幽閉地が現在の宿毛小学校で、碑が立っているだけ。

大原富枝著「婉という女」が有名だ。

山口県萩市は明倫館という藩校や松下村塾、高杉晋作の居宅が残っていて観光地として繁栄している。

宿毛も文教センターに近いところに、偉人たちの居宅跡がある。

ただ、林有造、譲治宅は現存する唯一の建物。

通り過ぎる町から滞在する町に少しアイディアを出せば実現の可能性大なのにと、いつも思う。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

春の贈り物

1月から頂いた花たちは今だ元気に咲いてくれている。

冬場は縁側に花たちを置いている。

時々水をやっているだけで、こんなに美しい。

2017030121223701

そろそろ、庭に植え替える時なのかもしれない。

お天気がよかったので終日畑仕事に勤しむ。

後1日あればきれいになる。

庭の拳ももうすすぐ開花しそうで楽しみだ。

Img_3538_800x600

Img_3539_800x600

いつも通る道に緋寒桜も咲いていて春の訪れを感じる1日だった。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

ひとときを楽しむ

元気クラブ28年度最終月、今回は咸陽島にある「椰子」での食事会となった。

いつもより少ない人数だったけれどバスの送迎ありで、お世話する側のスタッフも、楽しいひと時を満喫できた。

少し曇っていたものの雄大なロケーションを眺めながら美味しい料理を堪能する。

Img_3529_800x600

Img_3523_800x600

2017030220374801

2017030220374800

Img_3524_800x534

お風呂もリニューアルされていて、入浴を楽しんだ人もいた。

ここのところイベントが詰まっている。

それを大変と思うか楽しいと思うかは自分のこころ次第。

3月4月はここを利用することが多くなりそう。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

頑張りすぎない

「有機で育てる野菜の愛好家グループ」の事務局をしている。

今日は、土づくりに必要なボカシを有志数人と作る。

結構な運動量でうっすらと汗をかいた。

このボカシを3年ほど使っている。

最近、野菜類に虫がいないことに気づく。

一朝一夕に土は変わらない。

2017030121223601

2017030121223600_2


土台がしっかりしていたら、植物はおいしく育つ。

まるで子育てのようだと思う。

持ち寄りでお昼をいただく。

こんな肩の凝らない集まりは楽しい。

3日前の新聞に「植物でつながる同年齢」というテーマで高知県大豊町西峰地区での取材記事があった。

集落の人口200名。

資源研究会を立ち上げている。

取り組みの基本は頑張りすぎないこと。

同世代の住民たちが、足元を見つめて一歩づつ緩やかにつながっている・・・と。

地域は違っても実践していることは同じだと新聞を読んで、少し嬉しくなった。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ