« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

前向きに諦める

こうち男女共同参画センター・ソーレの機関紙「ソーレ・スコープ 暮らしにひとさじエッセンス」に安芸市在住の女性の記事が載っていた。

私がこども食堂を開くきっかけを作ってくれた大切な人。

Img_3709_600x800


彼女は、こども食堂や中高生限定の月1カフェを主宰するアグレッシブな3人の子どもの若いお母さんでもある。

最近、メディアでもよく取り上げられていて私自身とても誇らしく思っている。

記事の終わり近くに

大切にしているのは、自分にも他の人にも期待しないこと。

以前は体調が悪いときなど、元気でいられない自分自身に腹を立てることもありましたが「そんなときもある」と前向きに諦めることで、ありのままでいいんだと受け入れることができるようになったそうです。

Img_3708_800x600


私も徳之島から帰ってきたあと風邪で発熱、体調が悪くグズグズしている。

「ありのままを受け入れること」「前向きに諦めること」・・・・この言葉に救われた。

そう思うことで元気になれそうな気がした。

よい言葉をありがとう!

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

創りだす未来

雨あがりの庭に、色々な花たちが競い合いながら咲いている。

新緑と花とのコントラストが美しい。

Img_3701_800x600

Img_3703_800x600

Img_3705_800x600

Img_3706_800x600


久しぶりにNHK「四国羅針盤」を見た。

四国そのものが急速に人口減少している。その背景を探るという番組。

人口減少の要因の1つといわれる若者の人口流出。

県外の大学に行き、そのまま都会で就職する。

田舎には自分の望むクリエイティブな仕事がないから・・・とスタジオから四国出身の若者や四国に住んでいる若者たちの本音でのトークが興味深かった。

本当に仕事がないのか・・・というとそうでもない。

既存の企業への就職ではなく仕事を創り出すことで、田舎での暮らしが可能になる。

例えば、徳島県神山町は今、若者たちの定住者が増えているという。

古民家カフェ、パン屋さん、かばんやさん、ピザやさん等々。

NPO「神山塾」を立ち上げ若者を支援している男性がいる。

塾生がそのまま残って起業。

また高知県大豊町では高知大学と地元農家との連携で今「芍薬」を栽培。

その働き手として卒業生が移住。

住民と協働しながら創り上げる仕事として紹介されていた。

このまま何もしなければ四国が・・・、故郷が消えてなくなる。

そこに住んでいる私たちが移住した若者たちと協働することで田舎での暮しと明るい未来が見えてくるのではないか・・・と思いながらTVを見た。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

2017年・徳之島へ

私のライフワークの1つ「徳之島慰霊の旅」から帰ってきました。

この旅行の前から少しスケジュールが立て込んでいて、それを何とかクリアしてこの旅に参加した。

夫の知人が同乗するというので、今年は車で鹿児島まで行くことになった。

運悪く宿毛~佐伯フェリーは船のドックのため、愛媛県八幡浜から乗船する。

アバウトな夫は時刻表も確認していなく、八幡浜6:20→別府9:10のフェリーに。

九州自動車道を鹿児島まで走る。

途中の阿蘇、九重の山並みは新緑が美しかった。

12時間かかって鹿児島へ到着。

そのあと、沖縄行きのフェリーに・・・。

夕方から降っていた雨が上がり徳之島到着時はお天気は回復して、慰霊祭に臨む。

Img_3676_600x800 Img_3674_800x600

Img_3675_800x600 Img_3698_800x600


今回で7回目の参加。

昭和19年6月29日、沖縄に向けて航行中の輸送船富山丸は徳之島沖3kmの地点で魚雷を受け沈没。3724名が犠牲になった。

Img_3707_600x800

<奄美新聞に私たち高知県遺族会が写真入りで載っていました・・・!>


「再び戦争の悲劇繰り返さない」・・・の鎮魂の祈りをささげた。

今年は子どもである世代が亡くなり墓前にその報告をする遺族の姿が涙を誘った。

いつものように夜は徳之島全島を挙げて「おかえりなさい」の歓待を受ける

寒かったり暑かったりで体調を崩し、帰ってからぐずぐずしている。

やっと、元に戻りつつある。

明日は高知市に行く。

健康が大切だと今回の旅でつくづく実感する。

スケジュール調整しながら、これからの人生を楽しもうと思っている。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

べっぴんさん

昨夜は「春の嵐」だった。

強い雨と強風がしばらく続き今朝はよいお天気。

その雨が北上し、あちこちで弊害が起きたとニュースで報道していた。

どこも被害がないことを祈りたい。

雨が上がった朝、庭の花たちが一斉に咲いた。

これから咲く美しい花たちに、ひと時を楽しませてもらう。

Img_3667_800x600

Img_3665_800x600

Img_3666_800x600

先日の「こども食堂」の日。

順番を待っていた女の子に「何歳?」っていうと、「4歳」と指をおって教えてくれた。

いつも親子で来てくれている。

「べっぴんさんね」・・・というと恥ずかしそうに笑った。

別嬪さんとう意味はたぶんわからないけど、褒められたことが嬉しいのだと思う・・・とママが話していた。

人は褒められると嬉しい。

遠い昔。

近所のおばちゃんたちが「この子は大きくなると別嬪さんになる」と言われて嬉しかったことを覚えている。

その別嬪さんにはなれなかったと思っているけれど、褒められた記憶は鮮明に覚えている。

こどもの可能性は大だ。

褒めて伸ばすことも大切なことの1つなのではないかと。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

戦いすんでー4月のこども食堂

4月中旬になった。

桜もソメイヨシノから八重桜に変わり、沿道に美しく咲いている。

1週間前と比べると気温差が半端ない。

ここ2日で初夏のような日差しになった。

昨日、4月のこども食堂を開催した。

いつも開いている量販店の店長が異動で変わり、予定していた場所での開催が間に合わなくなった。

協賛しているグループに合わせてイベント会場での開催となった。

チラシ等の配布も遅くなっていて子どもたちがきてくれるかどうか、心配だった。

その心配をよそに、11時30分開店と同時に多くの人たちが訪れ、短時間で売り切れる。

終わってみれば65人の来店で驚きもひとしお。

4

お手伝いしてくれる仲間にも感謝している。

母子推進で担当している若いママさんが子どもさんを連れて来てくれていた。

「今日のメニューもすごくおいしくて、〇〇もしっかり完食しました。いちごのムースを嬉しそうに食べていました。またおいしいお料理を食べに行きます。来月のこども食堂も楽しみにしています。大変だと思いますが、こども食堂を開いてくださって本当にありがとうございます」

というメッセージをラインで受け取った。

「こどもがほっとできる居場所」という目的にあっているかどうか少し悩んでいたけれど、この若いママさんからのメールに救われた。

来月からは、その目標に沿うように努力したいと思っている。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

ノスタルジア

ソメイヨシノがいつもの年よりも遅く咲き、早く散った。

今の季節、桜だけではなく爛漫の花で美しい。

菜の花に夕日が映えているのを見て「朧月夜」の童謡を口ずさむ。

Img_3654_800x600

Img_3652_800x600

Img_3657_800x600

春休み、帰省していた小学校4年生の孫に歌ってみると知らないという。

最近は私たちの子供時代の童謡は歌わないのだろうか。

「里の秋」や「故郷の廃家」や「夏の思い出」「ふるさと」等々の美しい歌がある。

ノスタルジックになるのは自分が年をかさねたせいなのだろうか。

しきりに故郷、こどものころ過ごした土佐清水のことが思い出される。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

春の花壇

昨日、久しぶりに小学校の放課後教室に行く。

強風に桜も散って庭は花びらの絨毯。

花壇も春の花が美しく咲いていた。

2017041221035500

2017041221035601_2

2017041221035501_2


雨が降るので草がよく伸びる。

6日、花見の宴の後、花壇の整備と花を植える作業を予定していた。

その日も雨で、ようやく晴れた今日、その作業をした。

春はイベントも多い。

今年の市民マラソンはちょうど花壇のある場所が折り返し地点になっている。

今週の日曜日だから、やっと間にあった。

ウィークデイなので、働いている世代の参加はなく、いつもより参加者も少なかった。

ビフォーの写真は撮れなかったけど、アフターはきれいになった花壇を撮る。

Img_3646_800x600

Img_3648_800x600


地域に住む人も高齢者が多くなり、そのうちNPO団体にお世話になる日も近いかもしれないけれど、共有する作業はできるだけ自分たちで頑張りたい。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

今年の桜

3日連続雨が降り日曜日だけ晴れて、月曜の今日、また雨。

風も強く満開の桜がハラハラと散っていく。

Img_3621_800x600

Img_3624_800x600

Img_3625_800x600

Img_3630_800x600


それも趣があるものの、桜の下で、どれだけの人がお花見を楽しむことができたのだろうか。

量販店の入り口近く、強い風にあおられ傘の骨が折れた。

自然の移ろいは美しくもあり、時に色々な顔を見せる。

それを受け入れて、寄り添いながら暮らす。

共有するこころがあると、雨の日もまた楽しくなる。

・・・と自分自身に言い聞かせながら今年の桜を見ている。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

恋心を持ち続ける

雨の中で桜が満開になった。

濡れて撮る勇気はないから早く天気になってほしい。

スケジュールをなんとかクリアした2日ほど前、家族がつけっぱなしにしていた「あさイチ」を何気なく見ていた。

ゲストは浅丘ルリ子さん。

Photo


女優さんは何歳になっても若々しく、華やかで美しい。

彼女の若さの秘訣はオシャレと恋心を持ち続けることだと話していた。

なるほど、女優さんは絶えず人の目を気にしているし「お洒落は生きるモチベーション」だというだけあり、そのセンスの良さは抜群!

その華やかさとは真逆で、さっぱりして潔い性格だという。

さりげなく、距離感を持ちながら付き合うことだと。

別れぎわも、そして新しい恋も潔い。

・・・若さの秘訣は恋心を持ち続ける事。

私は四季の移ろいや空の色、旅先での出来事、本の一文からときめくことがある。

後、イケメンの若い俳優さんをみて「いいなぁ」と思うだけ。

やはり女優さんにはかなわない。

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

桜雨

地域の元気クラブでお花見を計画していた今日。

残念ながら雨になった。

窓から見る桜もまた趣深い。

Img_3616_800x600 Img_3618_800x600
Img_3619_800x600 Img_3617_800x600


気合を入れて作った「お花見弁当」やメンバーの手作りの桜餅などなどは部屋で食べる。

芸達者なメンバーさんが場を盛り上げてくれる。

Img_3613_800x600 Img_3612_800x600_800x600

Img_3615_800x600


抱えきれないほどの桜を持ってきてくださった人もいた。

おかげで楽しいお花見会になった。

2年目を迎えたこの集いも、楽しく長く続く工夫をしたい。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

桜咲く夜

4月5日は、いつも満開の桜なのに今年はまだ7分咲き。

Img_3604_800x600

Img_3606_800x600


Img_3605_800x600


高知市に住んでいる孫たちが4月1日から今日まで滞在していた。

にぎやかで楽しい日々。

彼らと一緒に寝るので夜が早い。

ひととき、健康的な日々を過ごしていたからブログの更新は中々できなかった。

今日は40~年目の結婚記念日。

昨年のブログを見ると「かたはらに」という前 登志夫さんの詠んだ短歌のことを書いていた。

かたはらに眠る古妻いつよりぞ菩薩となれり櫻咲く夜    

この歌を知ったのは香南市にIターンしている友人が以前エッセイに出していた歌。

いつの日か訪れるであろう運命の日までをこんな風に、いたわりあえる夫婦でありたいと思いながら日々を過ごしている。

582x800


昨年のブログに結婚式当日の写真があった。

あっという間に時間が過ぎていく。

今年も桜咲く夜は雨です。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ