« 8月のこども食堂 | トップページ | 山陰への旅 »

発した言葉を感じる

夕方、所用で四万十市に行く途中、自動車道からみた空が高かった。

朝夕は少しだけ涼しくなったものの、日中はまだ暑い。

それでも、ゆっくりと秋の気配を感じる。

003_800x600

8月末に咲くタカサゴユリが満開になった。

季節がすこし早くなったように思う。

004_640x480

月曜日の新聞のエッセイ「自分との本当の向き合い方」を楽しみに読んでいる。

今回は「自分が発した言葉を感じる」がテーマ。

感情的になると、つい、相手を責めたり攻撃したりするような否定的な口調になりがちです。そんな言い方をしていて自分自身も気分が悪いとしたら、自分を傷つけていると言えるでしょう。

否定的な言い方は、相手を傷つけるだけではないのです。

 そうであるならできるだけ、自分が心地よく感じる言葉を増やしていきたいものです。

自分の心と体の健康のためには「ありがとう、うれしいな。助かるよ」といった肯定的な言葉をたくさん使ったほうが、はるかに好ましいのです。

私自身、本当はコミュニケーション能力がないと思う。

娘たちにもよく言われる。

もう少し、人に指示したほうがいいよ。全部自分がやってしまうから、疲れるんだよ・・・と。

一番よくわかっているのは自分だ。

話すより書く方が好き。人前で話すときは、今はパワーポイントがあるから助かっている。

ただ、肯定的な言葉は無意識に使っていると思っている。

 

 

高知 その他の街情報ランキング

↑クリックありがとうございます(^^♪

« 8月のこども食堂 | トップページ | 山陰への旅 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/71496542

この記事へのトラックバック一覧です: 発した言葉を感じる:

« 8月のこども食堂 | トップページ | 山陰への旅 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ランキング

  • ↓クリックお願いします(^^♪

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント