« 9月のお茶 | トップページ | かけがえのない人 »

「お互いさま」の心

明日は秋分の日。

お彼岸の中日でもある。

4ヶ所にあるお墓掃除に行く途中、彼岸花が美しく咲いていた。

2017092221523200

Img_4093_800x600


猛暑の夏を過ぎ、やっと秋らしくなった。

最近、雨が多い。

お天気になれば、秋野菜の種を蒔こう!

昨日の高知新聞のコラム備防録より

「お互いさま」の心

どんな支援が必要ですか。

その質問に答えてくれた聴覚障害のある人の言葉にはっとした。

「支援は欲しいけど、助けられるだけのお客さんになりたくない。私たちも誰かを助けたい」

生活環境や性格をはじめ、できることは人それぞれ、障害もそんな一側面でしかない。

当たり前のことを忘れていた。

「障害者」は一方的に「助けられる側」という偏見が、彼ら、彼女らの声を無視し「障害」を産む種になっていたのかもしれない。

 助けてほしい人も助けたい人も、他人に声を掛けづらい空気が漂う時代。

でも、誰もが弱さとともに、生きる力や誰かを支える力を持っている。

「何かできることはありますか?」まずは一言、声を掛ける勇気を持ちたい。

・・・May i help you?

そう言うことは結構勇気がいる。

最近、赤ちゃん宅を訪問するとき、必ずそういう。

コミュニケーション能力はないけれど、一言声を掛けることでお母さんとの関係性がよくなると思っている。

 

 

 

高知 その他の街情報ランキング

↑クリックありがとうございます(^^♪

« 9月のお茶 | トップページ | かけがえのない人 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/71784138

この記事へのトラックバック一覧です: 「お互いさま」の心:

« 9月のお茶 | トップページ | かけがえのない人 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ランキング

  • ↓クリックお願いします(^^♪

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント