« 師走の贈り物 | トップページ | 多様化する夫婦の在り方 »

幡多青少年の家で・・・

昨日の土曜日、幡多青少年の家での「ストーリーテリングと絵本を読む夕べ」に参加した。

昨年に続いて2回目になる。

Img_4269_800x600

Img_4272_800x600

Img_4273_800x600_2


最近、読書ボランティアには、忙しさにかまけ絵本のみでストーリーテリングをほとんどやっていなかった。

このイベントがあったことで、新しい物語を覚えようと思った。

それもここ2週間ほど前から本気になり、高知市への往復やお風呂の中などでやっと何とか覚えた。

初めて子どもの前で語ったとき、面白かったという感想と次に出てくる言葉を一緒に言ってくれたりと楽しい時間を共有した。

我が家からは45分ほどの距離にある会場には親子さんを含めて50人ほどの人数。

10分ほどの短いお話は「ついでにペロリ」というデンマークの民話。

繰り返しのリズムが面白い。

後は3冊の絵本で持ち時間の30分ピッタリ!

最近、夜出かけるのは苦手になっているけれど、終わった後の達成感が気持ちよかった。

聴く人に笑顔と少しだけの幸せを味わっていただけたら、これほど嬉しいことはない。

 

 




にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪

« 師走の贈り物 | トップページ | 多様化する夫婦の在り方 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/72426120

この記事へのトラックバック一覧です: 幡多青少年の家で・・・:

« 師走の贈り物 | トップページ | 多様化する夫婦の在り方 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント