« 多様化する夫婦の在り方 | トップページ | 12月のこども食堂 »

師走のお茶

師走の「お茶のお稽古」は我が家が担当。

前日から道具を選ぶ作業をする。それはそれで楽しい。

時間は無限にあるものではない。

忙しいからできないのではなく、優先順位をつけて作っている。

当日は、掃除から始まり、お客様をお迎えする時間までに準備を整える。

12

Img_4284_800x600

Img_4286_800x600

Img_4287_800x600

特に寒い冬は炉に炭を入れ釜から湯気が上がっている状態がgoodなのだけど何度やってみても、そのタイミングがむつかしく、次の課題になる。

私の場合、炭がガンガンになってしまう。

玄関の蹲にお湯をいれるのも冬ならではのおもてなし。

昨日のお茶のお稽古もそんな感じで始まった。

和やかに、豊かな時間が流れる。

1年経つのは早い。

Img_4289_800x600

Img_4290_800x600


稽古の終わりに「ぜんざい」のお接待。

ストーブにかけていて、少し煮詰まった感はあった。

来年もまたお稽古が楽しくできますように・・・・と、無事に今年が終わることへの、感謝の気持ちなのです。

 

 




にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪

« 多様化する夫婦の在り方 | トップページ | 12月のこども食堂 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/72456784

この記事へのトラックバック一覧です: 師走のお茶:

« 多様化する夫婦の在り方 | トップページ | 12月のこども食堂 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ランキング

  • ↓クリックお願いします(^^♪

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント