« 師走の1日 | トップページ | 幡多青少年の家で・・・ »

師走の贈り物

朝、メダカがいる鉢に氷が張っていた。

中学校への読書ボランティアに行く。

絵本を読んだ後、校長先生がサイフォンとコーヒーカップをお盆に入れて校長室に入って行くところに鉢合わせした。

私を含む6名、おいしいコーヒーをいただく。

校長先生の温かいおせったいが、こころから嬉しい朝だった。

ここのところ、会議などスケジュールがたてこんでいる。

思いもかけない、こころない言葉に傷ついたりもする。

その反面、人の温かさに救われるときもある。

今日は両方を味わった。

苦い出来事は自分が傷ついた分、人に優しくしようと思う。

Img_4266_800x600


夕方、これもまた嬉しい贈り物が届いた。

5月、群馬に一緒に旅してくださった東京のFさん。

大好きな女性からだった。

お料理上手の彼女は、すべて手作りのものばかり。

包装にもセンスが光る。

手に取ると彼女の温かさがつたわってくる。

本当にありがとう♪

終わりよければ、すべてよし・・・・今年は念願の彼女に会い、行きたかった群馬にも行けた。

来年もきっと再会できますように!・・・・と願う初冬の夜です。

 

 




にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪

« 師走の1日 | トップページ | 幡多青少年の家で・・・ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/72403486

この記事へのトラックバック一覧です: 師走の贈り物:

« 師走の1日 | トップページ | 幡多青少年の家で・・・ »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント