« 幡多青少年の家で・・・ | トップページ | 師走のお茶 »

多様化する夫婦の在り方

初冬は「冬のとなり」という季語があるという。

暖冬に慣れている私たちにとって、今年はもう真冬なみの寒気で昼間でも10度を切っていてとにかく寒い。

寒い中、庭にビオラを植えた。

めったにTVを見ないけれど、秋の月九ドラマ「民衆の敵~」と「陸王」が面白い。

30023a83c18340f3ce541925a0958c0b700


「民衆の敵~」は篠原涼子演じる普通の主婦が、市議選に当選、市長になるというお話。

住民目線で色々な難問をクリアしながら市政を変えていく。

一番の協力者である夫は専業主夫。

新聞社に勤めるママ友と夫との不倫疑惑をメディアに取り上げられる。

夫の母親はいち早く、息子に苦言をいう。

「そもそも男が家族を養うために外で働き、女性は子育てや家庭を守る」のが常識だと。

ママ友もちょうど訪れていて、彼女の考え方をいう。

現在は働き方も多様化していて夫婦の在り方も色々あっていい。

女性が外で働き、男性が家庭で働くことも、今後増えてくる。

夫婦の在り方は多様化している・・・・と。

私も賛成に1票を投じたい。

主婦がいて主夫がいる。それが当たり前の世の中なってほしい。

定年を待たずに退職した仲間がいる。

「もうすぐ1年になるけど、何している?」・・・と先日「いの簡保の宿」でのOB会で聞いたら主夫しています・・・という事だった。

奥さんは保育士さん。

彼が家のこと全般を受け持っているそうだ。それが結構楽しいということだった。

生き方色々、夫婦の在り方も色々。

色々な人生があって、それはそれで楽しいことなのだから。

 

 




にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪

« 幡多青少年の家で・・・ | トップページ | 師走のお茶 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/72441522

この記事へのトラックバック一覧です: 多様化する夫婦の在り方:

« 幡多青少年の家で・・・ | トップページ | 師走のお茶 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ランキング

  • ↓クリックお願いします(^^♪

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント