« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

心地よく生きる決まりごと

1月もあっという間に終わり近くなった。

今年の冬はよく雪が降る。

012_800x533

013_800x533


夕方、買い物に行ったらレジ近くに「PHP」の小さな本が目に入った。

最近、本をあまり買わない。

頂いた本や、前から買ったままの本があるし、ゆっくりできる心のゆとりと時間もない。

値段も手ごろだし「いい習慣が幸せを呼ぶ」というタイトルも魅力的だった。

夕食後パラパラとページをめくっていると小川糸さんのエッセーがあり一気に読む。

~心地よく生きる私の7つのきまりごと~

1、淡々と着実に

 自然のリズムに逆らわず淡々と生きる

2、自然のリズムを大切にする

 冬に集中して物を書き、春は編集し、夏は外に向けてエネルギーを吸収する

 旅に出るのも夏が多いとか・・・秋は次の作品の準備期間に当てる

3、「好き」と思える瞬間を増やす

 モノも人間関係もシンプルをこころがける

4、直観を大切にする

 人数は少なくても大切な人と深く丁寧に付き合う

5、「80歳になっても着たい服」を選ぶ

 ここちよく着られる服は長くずーと使う

6、お料理をする

 作っていると心が落ち着くし、身近な人に、おいしいと喜んでもらえる

7、どんなときも、光を探す

 気持ちを明るくするために小さな行動をおこす

 ・・・だそうです。

「ツバキ文具店」を読んで彼女のファンになった。

なるほど・・・鎌倉で暮らす主人公・鳩子さんの生き方そのものだと思いながらエッセーを読んだ。

 

 

にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪




ソーレまつり・2018に参加

昨日、高知市の「こうち男女共同参画センター・ソーレ」でのまつりに参加していた。

私たちのグループが毎年、ブースで活動報告をしている。

Photo
Img_4343_800x600_2

.
今はメンバーたちが自分たちの地域で活動しているので、高知市での集まりは年間4回ほどになった。

まつりに参加することで、自分たちの活動を知ってもらうきっかけにもなるし、ふだんは忙しくて会えないメンバーたちにも久しぶりに会えるのも楽しみの1つ。

今年は土佐市の女性が担当。

2018012813062101

2018012813062200

2018012813062300


彼女は昨年11月に事務局をしているグループでの講座に講師として来てくださった。

レシピもそのとき作ったものを使ったので、少し楽だった。

災害の時に役立つというより、身近にある野草の知識があれば慌てることもない。

どっと混みあうということはなかったけれど、コンスタントに関心のある人が集まってくださった。

玉ねぎ茶の試飲や野草の試食もあったので、来てくださったみなさんが、ゆっくりされていた。

担当するメンバーさん、お疲れ様でした。

2018012813062201

<1階フロアーでのバザー風景>
2018012813062100


今は活動していることが多く他の人にお願いするしかない。

いつかまた・・・・!!と思っている。

 

 

にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪




せっちゃんのこと

ここ2~3日は冷蔵庫に入っているような寒さ。

早朝、読書ボランティアに行った後は家にひきこもり状態だった。

撮り溜めた写真や資料の整理、久しぶりに本も読んだ。

「観光ボランティアガイド講座」でお会いした女性から「ちいちゃんの夏休み」という本を買った。

Img_4341_800x600


昭和21年の夏、宿毛に住んでいた小学6年生の「ちいちゃん」の夏休みの絵日記。

ちいちゃんを取り巻く友達や家族、周囲の人々の姿がいきいきと描かれている。

ちいちゃんたちは河戸の堰で泳ぐのが楽しみ。

その中に登場するのが、せっちゃんという仲良しの同級生。

泳ぎに行ったり、おままごとをしたりと、そのころの時代背景が面白い。

その「せっちゃん」は私にとっても忘れられない女性。

市役所の試験があったのは20代後半でギリギリの年齢制限だった。

最初の職場で上司の「せっちゃん」に出会った。

少女のこころをそのまま持って大人になったような女性だった。

彼女には、ずいぶんお世話になった。

そんな彼女はあっけなくこの世を去った。

亡くなる2か月ほど前、私が新聞投稿をした記事を読んだと電話をいただいた。

いつもは、明るい声なのになんだか元気がないな・・・と思った矢先の訃報だった。

作者の湯川千恵子さんも、この本を幼いころから変わらない友情で付き合ってくれた「せっちゃん」に捧げます・・・と結んでいた。

そんな本と出会ったことも「せっちゃん」とのご縁なのだと今更ながら懐かしく思い返している。

 

 

にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪




ワクワクすること

月曜日から寒さが戻った。

関東は大雪という。

明日も早朝から読書ボランティアで出かける。

道路が凍結していないことを祈る。

昨年末から知人に誘われて「すくも街歩きガイド養成講座」に参加している。

今回で第2回目。

興味を持っていそうな人をお誘いして・・・ということで友人たちに声をかける。

Img_4339_800x600

その友人たちがまた誘ってくれて今回参加した人が増えていて嬉しい驚き。 私自身は

宿毛の歴史をより深く学びたい気持ちで参加している。

幕末から明治にかけて活躍した偉人を輩出している宿毛。

残念なことに、偉人たちの居宅などなく、その場所に碑が残っているだけ。

Photo


県外の親戚や、友人たちを案内することがしばしある。

「なんてもったいない」と彼らはいう。

数年前、山陰を旅した時「津和野」に立ち寄った。

一度は行きたかった場所。

森鴎外居宅や武家屋敷周辺に水路が流れ、鯉が泳いでいた。

宿毛にも土居下という地名があって(今は新地名になった)周辺に水路がある。

道路から一つ奥に入った道には、その水路があり鯉が泳いでいる。

それも最近知ったことで、とても嬉しい発見だった。

ガイド講座では何班かにわけて、コースを自分たちで設定する。

私は野中兼山班を希望する。

2時間でどれだけ案内することができるかを班で決める。

兼山の残した「河戸の堰」から取水口跡を見つけ案内する。

その後の街歩き。

宿毛で育った人が子どもの頃、家の下に水が流れていて初夏にはホタルがいた話をお聞きした。

なんだかとても楽しい。

碑をみて、そこからストーリーを展開できる。

3月中旬には実際に観光客にガイドとして実践するそうだ。

久しぶりにワクワクした時間を共有できた。

 

 

にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪




1月のこども食堂・・・継続は力なり

昨日は「こども食堂」の日でした。

「まずはやってみよう」と昨年1月からやり始めた「こども食堂」も1年経ちました。

手探り状態で、本番を迎えた1年前。

立ち上げの時、新聞記者さんが取材されたこともあり、助けてくださる人たちのおかげで何とか継続しています。

今はそれほどPR活動をしていないけれど、昨日も大勢の親子さん連れやこどもたちが来てくださいました。

1 2018012121533704

Photo

自主参加で応援してくれているボランティアさんたち。

本当にありがとうございます。

人さまのおかげで成り立っている「こども食堂」

ゆるやかな繋がりと、ホッとできる居場所を目指し今年もまた、たくさんの「おいしい」が聞ける「こども食堂」になったらいいなぁ・・・・と思っています。

 

 

にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪




more presents

夕方帰宅すると、高知市と松山市に住んでいる娘からプレゼントが届いていた。

2018011823382200


彼女たちは今、子育てしながら働くママたち。

それぞれが私のために愛情あふれるプレゼントを選んでくれていた。

元気でいることが、彼女たちに答える一番の愛情なのかもしれない。

ただただ彼女たちからのプレゼントが嬉しい夜でした。

 

 

にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪




記念日に

今日は3月並みの気温だという。

厳冬のこの時期にしては少し暖かい日。

今日は私の誕生日。

2018011721222801

2018011721222802


もう誕生日は忘れたいけれど、1年に一度は必ず来る。

未来に夢は持てないかというとそうでもない。

若いときとは違い、未来は無限大ではないけれど、今を大切に未来に向かっていこう。

弟や友人たち、娘たちから電話やラインでのお祝いがあった。

珍しく夫から、大好きな薔薇のプレゼントがあり、娘からもケーキと、嬉しいサプライズ。

これからも自分らしく、元気で過ごしていきたいと思った記念日の夜です。

 

 




にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪




つなげる

新年はじめての「地域元気クラブ」の今日は暖かかった。

3か月に1度の食事担当は私。

社協さんから、看護学生8名と先生の受け入れ依頼があり、急きょ作る量が増える。

2年生の彼らは、まず利用者の血圧測定から始まり、百歳体操のあと、レクレーションを受け持ってくれた。

Img_4325_800x600

Img_4327_800x600

Img_4330_800x600

Img_4331_800x600


若い人たちが入ってくれると、雰囲気が一気に明るくなる。

若いってすばらしい!

昔々、私たちもよく言われていたことを、今また若者たちに言っている。

レクレーションもすべて彼らが、丁寧に手作りしたものだった。

レクの後はランチをみんなでいただく。

メニューは「おでん、味噌汁、炊き込みごはん、青菜のお浸し、いちご大福、漬物等」など。

完全和食で、若い人たちにはどうかな?・・・・と思ったけれど、おいしいといって食べてくれた。

地域の高齢者と若い人たちをつなげる役割も悪くないと思うようになった。

あと10年ほど経ったら私もお世話になるかもしれない彼らに心から「ありがとう」と言いたい。

 

 




にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪




自分らしく死ぬためには

連続で雪の朝。

冷え込む夜は翌日、雪になる。

玄関前のまだ小さな木に蝋梅がふくよかに咲いた。

Img_4322_800x600

Img_4323_800x600


午後から「すくも健康づくり市民講座」に出席した。

最近は、よくボランティア団体への参加要請があり今回もその1つ。

特別講演の「元気高齢者が地域を創る~自分らしい生き方を実現jするために~」

共感する内容だった。

2018011322242700


少子高齢化が顕著な日本。

とりわけ、地方では深刻な問題で、高知県は全国的にも上位に入る。

高齢者が多くなったことを悲観することはない。

それは社会のあり方を変えること。

大きな変革には時間がかかるが、意識改革、発想を変えていく必要がある。

行政や専門家の社会的弱者への「してあげる」「後追い作戦」への限界。

超高齢社会の目指すべき方向は「長生きが迷惑にならない、長生きしてよかったと思える地域づくりを目指すこと。

「高齢者を社会資源に」

それは生きがいの基盤である働く場、社会に参加する場、感謝される場づくりが将来への希望へとつながる。

ありがとうと言われる場づくり。

互助・共助の地域・まちづくりがこれからの課題。

公助に頼り過ぎたきた地域を大きく見直す時だと。

課題を実践することが自分らしい生き方だと思うし、自分らしい死に方をへと自ずと導くことだと確信した講座だった。

 

 




にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪




雪の朝

比較的穏やかなお正月だった今年、初めて雪の朝を迎えた。

Img_4320_800x600

Img_4319_800x600


高知市内はあまり雪が降らなかったという。

最近は西部がよく雪が降る。

雪の日はそれほど寒くもなく、ワクワクするのは南国に住んでいるからかもしれない。

朝10時ごろ所用で車で出かけた。

雪は降っているものの積るほどでもない。

明日はどうだろうか・・・。

雪道走行に慣れていない私は緊張しながら運転する。

夕方、高知市に住む婿が帰ってきた。

彼はお料理をしてくれるありがたい存在。

美味しいお鍋をいただく。

「冬きたりなば春遠からじ」・・・春を待つ間あれこれ、できることを楽しみたい。

 

 




にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪




魔法の言葉

3連休の終わりの日は雨。

お正月の後始末、来客用の布団の収納は5組分が終わり、あと4組はお天気になり次第再開する。

雨の日だから、やっとゆっくりできた。

単行本「ひかりの魔女」を読み終えた。

Photo


ギクシャクした家族が主人公の「おばあさん」が同居することになって、諸問題を解決する。

それは優しい言葉とおばあちゃんが作る「料理」だった。

お釜で炊くおにぎり、小魚の甘露煮、イワシのぬかみそ煮、漬物、野草の料理など。

人を幸せにすることは、こころを込めて作った料理と優しい言葉。

これなら、すぐに実践できる。

人の揚げ足をとる人、非協力的な人、言葉の暴力で人を傷つける人。

そんな嫌な雰囲気の場を明るくガラリと変える友人がいる。

それもさりげなく・・・。

私もそうなりたいと思っているけど、中々彼女のようにはなれない。

ありのままの自分を支えてくれているのもまた、友人たち。

「ひかりの魔女」とまではいかないまでも自分らしく周りの人を大切したいと思っている。

 

 

 




にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪

しなやかに

年の初めにいつも今年の抱負について考える。

今年は活動を少しタイトにしていきたいと思っている。

013_800x533

012_800x533

退職後は、規模は大きくなくても「ターシャ・チューダー」のようなナチュラルガーデンを作りたいと思っていた。

011_800x533


菜園は家の周りにあり、家族3人では食べきれない。

理想通りには、一朝一夕にはならないだろう。

まずは、目の前にあることから実行すること。

それにしてもやることは山ほどある。

願っていれば必ず叶えられることを信じて、しなやかに行動しよう。

 

 

 




にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪

あけましておめでとうございます

2018年のお正月は3日間とも穏やかなお天気に恵まれた。

いつもと変わらぬ大家族で過ごすお正月は我が家の定番。

2018010421215602

Img_4310_800x600

Img_4316_800x600

<お正月2日目はスーパームーンでした>

あっというまにお正月は終わり、それぞれが帰っていく。

賑やかだった家が急に静かになった。

9人分のシーツやお布団を干す作業が始まる。

収納するまで多分3日くらいかかりそうだけど、ボチボチとやっていこう。

・・・と年明けはこんなことから始まります。

少し充電して来週からまたアクティブな日々になる予感。

皆さまはどんなお正月を迎えられましたか?

今年も、よろしくお願いします。

   

 

 




にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント