« 雪の朝 | トップページ | つなげる »

自分らしく死ぬためには

連続で雪の朝。

冷え込む夜は翌日、雪になる。

玄関前のまだ小さな木に蝋梅がふくよかに咲いた。

Img_4322_800x600

Img_4323_800x600


午後から「すくも健康づくり市民講座」に出席した。

最近は、よくボランティア団体への参加要請があり今回もその1つ。

特別講演の「元気高齢者が地域を創る~自分らしい生き方を実現jするために~」

共感する内容だった。

2018011322242700


少子高齢化が顕著な日本。

とりわけ、地方では深刻な問題で、高知県は全国的にも上位に入る。

高齢者が多くなったことを悲観することはない。

それは社会のあり方を変えること。

大きな変革には時間がかかるが、意識改革、発想を変えていく必要がある。

行政や専門家の社会的弱者への「してあげる」「後追い作戦」への限界。

超高齢社会の目指すべき方向は「長生きが迷惑にならない、長生きしてよかったと思える地域づくりを目指すこと。

「高齢者を社会資源に」

それは生きがいの基盤である働く場、社会に参加する場、感謝される場づくりが将来への希望へとつながる。

ありがとうと言われる場づくり。

互助・共助の地域・まちづくりがこれからの課題。

公助に頼り過ぎたきた地域を大きく見直す時だと。

課題を実践することが自分らしい生き方だと思うし、自分らしい死に方をへと自ずと導くことだと確信した講座だった。

 

 




にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪




« 雪の朝 | トップページ | つなげる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/72685151

この記事へのトラックバック一覧です: 自分らしく死ぬためには:

« 雪の朝 | トップページ | つなげる »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント