« 2月のこども食堂 | トップページ | いい距離感で人とつながる »

命輝いて

13日から3日間、関西に行っていた。

川西市に住んでいる妹が高槻市にある医科大学病院で腹部大動脈瘤の手術をした。

6時間もの長丁場だった手術は無事成功。

これからも色々なリスクもあると思うけど、やっと一安心。

私と違い病弱な妹は40代半ばから自己免疫の厄介な病気にかかっている。

手術の間、待合室で甥や姪、娘たちと平昌冬季オリンピックをLIVEで見ていた。

その日はスノーボード、ハーフパイプの競技で日本選手が三人出場。

大技を出すたびにハラハラドキドキ!祈るような気持ちでTVに釘付け。

こんなにTVを見たことがない。

 
Photo Photo_2


平野歩夢選手が銀メダルを取った瞬間、感動で涙が出そうになった。

「いのち輝いて」・・・・この瞬間がある。

オリンピックのメダルもさることながら、そこにドラマがある。

だから私たちは感動を共有してみているのだと思う。

まさに手術を受けている妹にも言える事だった。

「いのち輝いて」・・・生きている。

往きは夜行バス、復路は新幹線→土讃線を利用。

いつもは感じないけれど旅をすると私は遠い四国の果てに暮らしていることを、改めて実感する。

 

 

にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪




« 2月のこども食堂 | トップページ | いい距離感で人とつながる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/72934473

この記事へのトラックバック一覧です: 命輝いて:

« 2月のこども食堂 | トップページ | いい距離感で人とつながる »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント