« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

4月のこども食堂

4月のこども食堂は地域のイベントである「宿毛まるごと産業祭」に参加。

「お店やさんごっこ」の延長のような体験型の企画で、こどもたちとお弁当やジュースを販売する。

産業祭で「こども食堂」をすることには、少し戸惑いもあったけれど、その存在を知ってもらうにはよい機会だと思った。

昨日は、お天気にも恵まれ初夏のような陽気だった。

11時前、お弁当を販売する。

2018229


50食のお弁当を作り、後片付けを済ませて会場に行くと、もうすべて売り切れていた。

30分にもならないうちに完売したという。

販売の原動力はこどもたち。

「おべんとうはいかがですか!」・・・と大きな声で呼び込みをしてくれていたという。

確かに、ジュースを販売している場面は、元気があり微笑ましかった。

いつも支えてくれているスタッフさんやこどもたち。

もう一つ嬉しかったのは思いがけない寄付があったこと。

「母子保健推進員」を長年されていて4年ほど前、役職を降りた女性からだった。

長い間お疲れ様!・・・の花束を送呈したそうで、私自身はすっかりそのことを忘れていた。

なんだか最近思いがけない嬉しいことが起こる。

2018042923315001

.2018042923314901

2018042923314900

2018042923315102


みなさん、いつもありがとう!

応援に感謝して4月のこども食堂は終了しました。

目線を移すと

4月も、あっという間に終わる。

色々なことをクリアして、ようやくホッとする時間ができた。

庭の花たちも数日で入れ替わっている。

牡丹の後の芍薬も満開。

Img_4527_800x600


Img_4528_800x600


Img_4529_800x600


Img_4530_800x600

Img_4531_800x600


Img_4532_800x600
.
Img_4534_800x600

Img_4535_800x600

畑に植えている草花は意外と元気。

ひと時、畑にいるとこころが落ち着く。

明後日には「こども食堂」もある。

後は晴れてくれることを祈るだけだ。

善意の輪

九州慰霊の旅の前、釣りグループのメンバーのお一人から電話があった。

22日、宿毛で釣り大会があり、その一部を「こども食堂に寄付したい」という思いがけない嬉しい申し出だった。

Img_3475

Img_3472

2018042600154800

高知市で「こども食堂」を開催している人から私たちの事を聞いてくださったらしい。

友人たちにお願いし、予定通り旅に出た。

今日、彼女たちに会い、寄付を受け取った。

私たちの活動が少しずつ広まって、このような善意の輪になる。

なんという嬉しいことだろう。

今回、お会いできず残念だったけれど、また宿毛の「こども食堂」にも是非遊びに来てください。

温かい[Fishingメンバーさんたち」の心を受け止め大切に使わせていただきます。

ありがとうございました。

 

 




あさきゆめみし

あさきゆめみし・・・はあさきゆめみじと解釈するという。

浅き夢などみないでその後に続く「ゑひもせず」は「酔いもしないで」・・・というらしい。

いろはにほへと→色はにおえど散りぬるおわか・・・。

子どもの頃は意味はわからなかったけど、語呂がよかったからすぐ覚えた。

今、ようやくその意味が分かるようになった。

それは、人生訓のようにも感じ取られる。

大和和紀さんの漫画「あさきゆめみし」が大好きだった。

源氏物語もそれから興味を持ったから結構ミーハーな感じだったのだろう。

「あさきゆめをみていた」ころから「あさきゆめをみないで」に、これからの人生を歩むのもいい。

2018042217233701
<船からた開聞岳>

2018042217233600

人生はこれからとは、もう思えない。

先がみえるから「あさきゆめみし」の人生でありたいと思う。

3泊4日の徳之島・慰霊の旅から帰った。

2018042217233601_3
.<霧島神宮>

.Photo


1年に1度のゆっくり旅が私のライフスタイルの一つ。

鹿児島からレンタカーを借りて霧島神宮を訪ねた。

新緑が美しく時間がゆっくり流れていく。

健康でいられる間は、これからも旅を続けようと思っている。

 

 

にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪




2018年慰霊の旅

19日から3泊4日の日程で徳之島慰霊祭に来ています。1944年6月29日、輸送船富山丸がアメリカの魚雷を受け沈没、3700人余が犠牲になった。
義父は24歳、夫は4ヵ月の赤ちゃんだったそうです。
退職後、ここに来て見て感慨深いものがあります。
高知からは、本当に遠い。
色々なルートできても往復、それぞれ1日かかります。

1524287464221.jpg

1524287465909.jpg

1524287467378.jpg

1524287468852.jpg

1524287469905.jpg

1524287471326.jpg

1524287472619.jpg

お参りをすますと、気持ちが安らかになります。
お天気にも恵まれ桜島も慰霊の丘から眺める景色もきれいでした。

 

 

にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪




ねこと暮らすと・・・・

数日前の新聞のPR欄に「幸せになりたければねこと暮らしなさい」という本の紹介があった。

サブタイトルは~人生で大切なことはねこが教えてくれる~

私は物心ついたころから、いつもそばに猫がいる。

猫といるとしあわせかどうかわからないけど、彼らは本当に自由だ。

その自由さが私には居心地がよい。

Img_4514_800x600
   

    <裏庭のヤマボウシ>

Img_4517_800x600


Img_4520_800x600

故郷を離れて結婚するまでの数年は猫と暮らしていない。

いることが当たり前でいない生活はわからない。

ほとんどが、野良猫か迷ってきた猫だからペットショップで買ったような猫ではない。

傍にくっついているときもあればフイと出ていくときもある。

私もそれほど、抱いたりベタベタしないから、たぶん相性が良いのかもしれない。

人間と同じように性格も色々。

Img_4062_800x600

やさしい猫や、やんちゃな猫、おとなしい猫・・・と千差万別。

最近は 、雉猫が多い。今もPCの横で寝ている。

いつまで猫と暮らせるのかは神のみぞ知る。

 

 

にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪




佳きことは突然やってくる

雨が止んだ後のさわやかな空気が好き。

花たちも生き生きとしている。

自慢できるのは花たち。

近くの牡丹が今年もまた美しく咲いている。

Img_4511_800x600

4月初めからPCでの作業が多かった。

「こども食堂」補助金の決算書や30年度の申請書を作成していて、やっと先日提出した。

Img_4512_800x600


先週、昨年「絵本は楽しい」の1時間講座を宿毛高校で受け持った時の担当だった先生から電話をいただいた。

家庭科の生徒たちを少人数ずつ「こども食堂」へボランティアで参加させてほしい・・・というお話だった。

もちろん喜んで受け入れることにした。

こどもたちも若い人たちが大好き!きっと喜んでくれることだろう。

それと前後するように、釣り大会で宿毛に訪れるグループが「こども食堂」に寄付をしてくれるという嬉しいお話があった。

思いもかけない出来事が重なる。

その大会が次の日曜日、残念ながら私は不在なので、お手伝いしてくれている友人2人にお願いした。

ギリギリの経営で運営している「こども食堂」に「あしながさん」が手を差し伸べてくださる。

善意の輪が広がっていることを実感する。

ここ一番の嬉しいサプライズでした。

 

 

にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪




春のモニターガイド・「兼山コース」

春はイベントが多い。

観光ボランティアガイド第2弾が14日にあった。

私たちの「兼山コース」が午前中、午後からが「五社巡り」をガイドするという企画。

先月18日の初ガイドではマイクの使い方に戸惑ったり、説明が長かったり、時間の振り分けが上手くいかなかったと反省することが多かった。

今回は地元の人をご案内してのモニターガイド。

前回の課題を踏まえ、少しだけスムーズにご案内できたのではないかと思う。

2018041515262600

Img_4509_800x600

「昔を思い出し懐かしい」と言ってくださる人もいて和気あいあいと水路沿いの道を歩いた。

岐阜の郡上八幡や山口県津和野の街並みには至る所に水が流れていて、それは古から変わらぬ佇まい。

水が生活の一部になっていて、心落ち着くよい町並みだった。

370年ほど前、兼山の作った「河戸の堰」から取り入れた水路は3カ所の取水栓で今も町中に水がいきわたっている。

悠久の歴史を感じる。

今は水路沿いにモッコウバラやハナミズキなどの花々を眺めながらのウォーク。

この道は季節ごとに楽しむことができると思う。

宿毛が好きになる街歩き・・・・リニューアルした「林邸」前で最後を締めくくる。

私の出番は「兼山遺族幽閉地」や幽閉を解かれた後の女性たちの生き方を簡単に説明する。

大原富枝の小説「婉という女」は何度読んでも心打たれる。

兼山コースをガイドしたのも逆境を生き抜き、その後高知に帰り漢方医になったという「婉の生き方」が現在を生きる私たちにも共感できるからだ。

縁あって宿毛に嫁ぎ、婉の生き方に尊敬の念を抱き、ガイドできるというのも何か不思議なことだと思っている。

午後から雨になり、文教センター内でのガイド実践だった。

 

 

にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪




花の色は

余り手入れもしていないのに、我が家の庭には次々に花が咲く。

裏庭にシャクナゲが咲いた。

Img_4497_800x600

Img_4498_800x600


牡丹、アイリス、ナルコユリ、シャガの花、エビネ蘭、スズラン、モッコウバラ等々

Img_4493_800x600

Img_4492_800x600

それと今年はポピーやスィートピー、アリッサム、カモミールなどの草花が可憐に咲いている。

Img_4491_800x600

Img_4496_800x600

Img_4504_800x600


Img_4499_800x600

‟花の色は移りにけりないたづらに我が身世にふるながみせしまに”

小野小町は、桜の花と自分の容色を対比して詠んだ有名な歌がある。

だから余計絶世の美人だったと後世まで広まったと思う。

人は老いる。

久しぶりに会う人から「全然お変わりありませんね」・・・などとお世辞を言われる。

10年前の写真と今を比べると、愕然とする。

事実を事実と受け止め、今を生きる。

桜以外にもこれから咲く花たちに、こころ奪われている毎日だから。

 

 

にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪




春に集う

いつも通る道沿いに八重の桜が美しく咲いている。

ソメイヨシノもあっという間に終わり、畑の傍にある大きな梨木の白い花もいつの間にか散ってしまった。

2018041022333100

2018041022333000


ブログを書くタイミングを逸していて、時間ばかりが過ぎていく。

春には春の集いがあった。

恒例の地域での集い。

いつもは桜が満開なのに今年は「花見の宴」ではなかったものの、ここ一番にぎわった。

4月5日、新年度を迎えスタッフ全員、手作りの料理でお迎えした。

Img_4483_800x600

Img_4485_800x600

Img_4487_800x600

食後、桜餅とお抹茶でおせったい。写真を撮るのを忘れてしまった。

今年も無理なく楽しく過ごせたらいいと思っている。

昨日は、1年に一度集まる元職場のOB会。

参加を逡巡していたけれど、直前にお断りするのも申し訳ないと思い参加した。

お世話になった先輩方、また今年も退職する仲間がいて、久しぶりの再会を喜び合う。

元保育士たちだから、その場ですぐ余興ができる。

 2018041022333203 2018041022333300

2018041022333200 2018041022333201

久しぶりに心から笑えた。

こんな仲間たちと一緒に働けたことが幸せだったと、今つくづく思っています。

ありがとう・・・また来年、元気でお会いすることを楽しみしています。

 

 

にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪




ターシャ・チューダーのように

終日家の中にいて、夕方庭に出た。

ここしばらく雨が降っていない。

色々が重なって菜園も花畑も世話ができていなかった。

Img_4467_800x600 Img_4468_800x600

Img_4470_800x600 Img_4469_800x600

Img_4473_800x600 Img_4472_800x600

庭に咲く花たちも今はこんな感じ。

畑での作業は土と向き合うことで無心になれるから好き。

時季外れに蒔いたハーブが、一斉に花開いていた。

思いもよらない自然からのサプライズ!!

ターシャの庭のようにナチュラルガーデンを作りたいと思っている。

遠い夢ではあるけれど、いつか叶えたい。

 

 

にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪




« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント