« 秋の気配 | トップページ | 10月のこども食堂 »

大好きな夏ドラマ

TVは基本見ない。

居間でブログを書いているときTVをつけ、ほとんど見ないで聞いているという感じ。

この夏、そのブログも書けないほど色々煩雑なことがあった。

それでも習慣化して午後9時から11時ごろまで、TVを付けていた。

日曜夜9時からの「この世界の片隅に」を第2話から見ていて、昨日最終回だった。

Images

Images7tioe70q


昭和19年戦火が激しくなった日本。

広島から呉に嫁に来た「すず」の終戦の年までの物語。

戦時下ではあっても、すずの暮らしはつつましくも明るい。

夫の家族や、ご近所同士助け合いながらの日々を生きている。

焼夷弾で右手を失ったすずは「自分の居場所」はどこなのかと悩む。

昭和20年8月6日広島に原爆が落ち、15日終戦を迎える。

原爆投下から1月経ったある日、広島の実家を訪ねる。

父と母を亡くし、今また妹が原爆病に・・・。

夫が迎えに来て、孤児の少女を連れて帰る。

主人公すずは「明日に向かって生きる」ことを夫に誓う。

戦争の悲惨さや戦争についての記述は一切ない。

戦争は人々の生活や幸せ、命まで奪ってしまうということを静かに語りかけてくれるドラマだった。

久しぶりによいドラマを見た。

 

 




« 秋の気配 | トップページ | 10月のこども食堂 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/74227969

この記事へのトラックバック一覧です: 大好きな夏ドラマ:

« 秋の気配 | トップページ | 10月のこども食堂 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント