カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

8月のこども食堂

お盆過ぎ、心なしか朝夕は涼しくなったものの、まだ残暑が厳しい。

昨日19日は8月の「こども食堂」開催日だった。

Img_4021_768x1024_3 Img_4023_768x1024_2


畑にある、ナス、シシトウ、ピーマン、かぼちゃ、ミニトマトなどの食材を使った夏向きのレシピ。

今月は、たくさんの食材の寄付をいただいた。

すいか、ミショウカン、ぶどう、お米などなど・・・・。

前日、下処理を済ませ、当日調理するというスタイルが定着した。

茄子たっぷりの冷製パスタが好評だった。

昨月借りた店舗に業者が入ることになったという知らせで、またまた急遽、お隣にあるゲームセンターだったところに場所が変わった。

8


お掃除や購入したばかりのジョイントマットをメンバーと大汗をかきながら会場に敷く。

広すぎる会場で、こどもたちは元気いっぱい遊びまわっている。

今月も大盛況だった。

回を重ねるたびに、たくさんの「あしながさん」たちからのご寄付があり、ありがたいと思っている

地元の女子高校生3名のお手伝いがあり、大助かり。

聞けば、将来「栄養士、保育士」になるボランティアさんたち。

ここでの経験が将来に繋がってほしいと思う。

たくさんの「おいしかった!!」と「ありがとう」・・・が嬉しいし、それが私自身の活力源なのだから。

 

 

高知 その他の街情報ランキング

↑クリックありがとうございます(^^♪

ドラマの視聴率

唯一観ているドラマがある。

木曜日PM10時からの「セシルのもくろみ」だ。

Photo Img_4016_1024x768


このドラマのタイトルが興味を引いた。

セシルとはフランソワーズ、サガンの「悲しみよこんにちは」の主人公がセシルだから。

ジーン、セパーグのショートヘアーが子ども心に印象的で今でも覚えている。

後で単行本も読んだけれど、とてもアンニュイな感じだった。

そのセシルとこのドラマのセシルの共通点は何だろうと思いながら見ている。

ふつうの主婦が読者モデルに抜擢され、毎回アクシデントを乗り越えながらプロのモデルになるというストーリー。

見ていると面白いけど、視聴率が10%を切っているという。

大人の会話がおしゃれだった「カルテット」も「問題のあるレストラン」・・・も、私の観るドラマは視聴率は余りよくない。

視聴率に余り関心を持たないのは私だけなのだろうか?・・・と思いながらドラマを観ている。

 

 

高知 その他の街情報ランキング

↑クリックありがとうございます(^^♪

さよならいつか

11日から滞在していた、松山の一家が帰っていった。

毎日、川に行き、帰ってくるという単純な日課が孫たちの一番の楽しみだった。

松山には高速を使って2時間半で行くことができるけれど、最近は、それぞれのスケジュールの関係で余り行っていない。

会えるのはお盆とお正月の2回。

こどもの成長は著しく、いつの間にか私の背丈を追い越している。

今のこどもたちは大きくなるにつれ、部活や塾などで忙しくなる。

忙しい合間をぬって帰省。

我が家は、お客様が多い。

そんなこんなでバタバタとしていて余り孫たちとも遊べない。

なんにもない田舎がいいといってくれる孫たち。

Img_4006_1024x768

Img_4008_1024x768


帰るときは必ず、不機嫌になる。

「もっと居たい」という。

まごたちが帰った後、いつも虚脱感に襲われる。

「さよなら、いつか必ず会いに行くから元気でいてね!」

それは私自身を奮い立たす言葉でもある。

 

高知 その他の街情報ランキング

↑クリックありがとうございます(^^♪

お盆休暇

11日から松山に住んでいる娘が孫二人と帰省している。

高知市の家族はいろいろスケジュールがあり今年は帰れないとの連絡があった。

にぎやかさは半減したものの、いつもの川で泳ぐことが孫たちの一番の楽しみ。

Img_4001 Img_4003

Img_4004 Img_4002


せせらぎは、緩やかな流れとなり、浅瀬や少し深いところがありで小さな子どもたちも安心して遊べる場所。

緑に囲まれたこの場所にくると、ゆっくりと時間が流れる。

30分間、水の中にいると寒くなる。

2時間くらい川で過ごし、家に帰るのがここ2日ほどの日課になっている。

あと2日、お天気なら川で過ごすと話していた。

2017081322585701


夜、愛南町に住んでいる弟の家族が来訪。

甥と姪たちは、遠くに住んでいて、あまり会うこともない。

それぞれが自立した素敵な大人になっていた。

親戚が少ない我家にとって、かけがえのない大切な若者たちである。

大きく成長した彼らを見ていると感慨深い。

遠いところをありがとう!また訪ねてきてね。

 

 

高知 その他の街情報ランキング

↑クリックありがとうございます(^^♪

2017・よさこいの夏

毎年、8月の今頃は「よさこい祭り」が開催される。

少子高齢化率、全国第2位の高知県も「よさこいまつり」の3日間は町が活気づく。

一番暑い時期に、こんなに大勢の若い人たちがどこから集まってくるのだろうと不思議な感じもする。

最近はサンバのような感じ。

2017_724x1024


踊り子さんの汗が見学客に飛び散る場所で「お兄ちゃんイケメン、お姉さんキレイ」・・・てみている人たちがエールを送ると「ありがとう!」が返ってくる。

明るい高知の県民性が踊り手と一体になる。

私も若い頃一度踊った。

踊りは得意ではなかったけど、その頃の会社では若い女性が踊るという不文律があった。

その写真は笑っていない。

今は、人気のチームに入るためにお金を払って、衣装代も自費だという。

踊るのが好き、まつりが好き、自己表現するのが好き・・・・などの要素があるのだろう。

あの頃も暑かったけど、今の方が数倍暑い。

暑さと踊りは、よく似合う。

 

 

高知 その他の街情報ランキング

↑クリックありがとうございます(^^♪

やる気スイッチ

台風5号は土佐沖をかすめていった。

台風一過の今日、猛暑が戻った。

Img_3987_800x600


昼間は暑くて外での仕事ができない。

しなければいけないことがあるのに、イマイチやる気がでない。

月曜日の新聞を読んでいたら「やる気スイッチ」は、まず動き始めると、その後はスムーズに仕事が進むという。

確かにそうかもしれない。

私の場合、自分が頑張れば人にも頼まずにすむから知らないうちに無理をしているように思う。

ボーとする時間を過ごしていると、そのうちやる気が出てくる・・・ということもある。

「やる気スイッチ」は人それぞれではないかと思っている。

 

 

高知 その他の街情報ランキング

↑クリックありがとうございます(^^♪

祈りの日&台風のゆくえ

台風の進路が高知県方面に向き始めた。

雨は降り続いているけれど、それほど強いというほどでもない。

家じゅうの雨戸を閉め台風通過に備えている。

なにごともなければいいんだけど・・・・。

5

今日は72年目の広島原爆の日。

Photo Photo_2 Photo_3


台風情報も気になり、夕方からTVをつけていた。

NHKスペシャル「東京裁判」3話、4話を見た。

1話、2話は5日に放送したらしい。

1947年から2年半の歳月を費やした「東京裁判」

各国代表、11人の判事たちの目線でドラマ化していて、判決までの苦悩と決断に、引き込まれてみていた。

膨大な資料も現存していて、海外合同制作ドラマとしての信憑性も高い。

戦後生まれの私たちも高齢者といわれる年齢になった。

今も世界では戦争が絶えない悲しい現実がある。

「祈りの日」は戦争を二度と繰り返さない「誓いの日」として改めて心にとどめよう。

 

 

高知 その他の街情報ランキング

↑クリックありがとうございます(^^♪

すてきな女性たち

台風5号の影響かざわついたお天気が続く。

今日は、事務局をしているボランティアの今後の予定について話し合うため、友人と会う。

黒潮町役場の近く、JR入野駅のすぐ前のカフェで待ち合わせる。

2017080421202000

2017080421202001

2017080421201900

2017080421201901


そこは子育て中の若い女性2人が経営している。

室内に幼児の遊ぶスペースやおもちゃがあり、フレンドリーな感じのお店だった。

お客様と子どもとの距離感がとてもよい。

つい長居してしまった。

こどもがいるから働けないというのではなく、子どもがいても働くという意思があれば、働くことができる。

お店は水、木、金曜日に営業。

土、日は家族と過ごす時間を大切にしているという。

後、ご家族の介護もしていると明るく話してくれた。

幡多の女性のたくましさ健在。

帰宅後、地元の高校から電話があり「こども食堂」に興味のある女子高生たちがお手伝いに来てくれるという。

なんだか、うれしい1日だった。

  

 

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

星ケ丘の思い出

星ケ丘アートヴィレッジの主、平岡望さんの訃報を知ったのは4月下旬だった。

高知新聞で絵本作家の田島征三さんが彼を偲ぶエッセイを連載中だ。

高知市横内にある画廊は、小高い丘の上にある。

木々に囲まれた静かで瀟洒な建物が印象的だった。

もう10年ほど前、一度訪れたことがある。

Img_3983_800x600

Img_3984_800x600


好きな作家さんの個展を見に行った時の事。

晩秋のころだったと思う。

塀の上に野良猫が数匹日向ぼっこをしていた。

猫好きなのか、目を細めながら猫たちを眺めていた。

集まってくる猫は、追い払わず、あるがままに過ごさせているという言葉が印象的だった。

その作家さんが誰だった忘れてしまったけれど、とてもフレンドリーな館主さんでひとしきり、猫の話をしたことが記憶に残っている。

ご逝去を心より悼み、ご冥福をお祈りします。

彼の弟さんとは高知新聞のメーリングリストの仲間でもあった。

息子さんが跡をついで経営してくれるというので少し安心している。

また好きな作品の展示があれば行きたいと思っている。

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

暮らしのおへそ

台風の影響か、晴れていても急に雨がザァーと降る。

恒例の「梅を干す」作業をしていて、慌てて取り込んだ。

宝塚に住んでいる従姉から小包が届いた。

盛夏の贈り物。

添えられた手紙と好みに合わせた本を選んでくれているのが嬉しい。

勿論、おいしいお菓子も・・・。

Img_3981_600x800_2


「暮らしのおへそ」は、その人が持つ習慣をテーマに編集されている。

今回は樹木希林さんの「無欲になったら何が見えますか?」

「今さら」ではなく「今から」。それだけで人生が変わります・・・・理学博士の佐治晴夫さん。

等々・・・素敵な人たちの「暮らしのおへそ」

ぶれない人のぶれない生き方にひかれる。

私も退職後は自給自足のスローライフを目指そうと思っていた。

地域のボランティアもあり、完全なスローライフではないけれどそれに近い生活は送っているつもりでいる。

真夏の午後、ゆっくり本を読むのも楽しみの一つ、だたしすぐ眠くなるけどhappy01

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

より以前の記事一覧

ランキング

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ