カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

作ることは楽しい♪

無農薬野菜を育てて楽しむ会のボランティアグループの事務局をして5年目になる。

1年に1回、恒例の料理講習がある。

今年度は遅れてしまって2月の開催となった。

その講師さんが、じん帯を痛められ来られなくなったとうことで、急きょ私と友人の二人がピンチヒッターで講座を持った。

今回は甘酒と旬の野菜を使ったレシピ。

2019021022070500

2019020922582201

2019021021534300

無農薬米で作った甘酒をお砂糖代わりに使う。

甘酒は甘さがマイルドだ。

五穀米、野菜たっぷりスープ、ピーマンの肉詰め焼き味噌風味、甘酒とトマトのスープ、ナバナの甘酒からし和え、フキノトウのごま味噌和え ほうれん草とベーコンのキッシュ、甘酒プリン、甘酒の抹茶のプリン

おやつを含め9種類、皆さん手際よく料理する。

後は楽しい食事会。

時間もなく余り広報活動していなかったけれど、予想よりたくさん集まってくれた。

食べることは、こころをつなぐことだと日々思っている。

スケジュールいっぱいで疲れたものの、参加者が楽しんでくださったのが、何より嬉しい1日だった。

 

 




雛飾り

こども食堂で、いつも利用させていただいている「林邸」に子育て支援グループ「ワールドスマイル」のメンバーと共同で「お雛様」を飾った。

正面玄関脇に置かせてもらった。

2019020622033201


勿論、市役所の担当課にも許可をいただいてのこと。

遠い昔、ひいじいちゃんが、初孫のお祝いにと買ってくれたもの。

物置を整理していて、お雛様一式が入った古い箱を発見!

娘も嫁に行き、今は飾ることさえ忘れたお雛様。

こんな形で「林邸」を訪れる人に見てもらえたら嬉しい。

2月の「こども食堂」のとき、子どもたちは気づいてくれるだろうか。

今から、その瞬間を楽しみにしている。

2019020523203000

2019020523202900



帰る途中、土手沿いに菜の花が咲いていた。

立春も過ぎ、日差しもちょっぴり春を感じる1日だった。

 

 




1月の庭の花

1月もあっという間に終わる。

お正月や母の法事などの行事もあり、その間体調もあまりよくなかった。

ようやく風邪も快方に向かい始めた。

インフルエンザではなかったものの声が全くでなかった。

梅の花が例年より10日ほど早く開花した。

Img_4986_r

2019013122355001_r

Img_4983_r_2

2019013122355101_r

2019013122355100_r


やはり暖冬のまま春になるのだろうか。

寒いより暖かい冬は嬉しいけれど、その後が怖いような気もする。

明日から2月。

2月になれば、また気分も明るくなるだろう。

 

 




ワクワクすること

新しい年が始まったらやりたいと思うことがあった。

好きなことは結構長く続くが運動系がダメ・・・ということは重々わかっている。

・・・が軽い運動をすることを決心した。

そんな時、ぎっくり腰になり今はコルセットで対応し、なんとか日常生活ができている。

そんな日常にワクワクすることを探してみた。

テニス・全豪オープンで錦織、大坂選手の活躍。

Img_4981_r

積読していた本を結構読んだ。

村上海賊の娘、日々是好日、芥川賞受賞作品・おらおらでひとりいぐも…・等々。

お正月明けに行った高知市のオーテピアに今、読書ボランティアで読んでいる絵本「ヒョウのハチ」の剥製に会いに行った。

Photo

昨年、この絵本をはじめて読んだとき、胸がいっぱいになった。

若い頃と違って余りワクワクすることがなくなってしまったが、今年もワクワクすることを見つけたいと思っている。

 

 




2019.1月のこども食堂

ポカポカ陽気の昨日、今年最初の「こども食堂」を林邸で開催した。

2年目を迎えたこの月は感慨深い。

インフルエンザがボツボツはやり始めていて、参加者は多分少ないだろうなぁ・・・と思っていた。

予想は的中!

2年間の中で一番参加者が少ない「こども食堂」だった。

ぎっくり腰もずいぶんよくなったけれど、まだ違和感がありコルセットは手放せない。

友人たちや、いつも来てくださる高校の先生、故郷、土佐清水から弟夫婦、そして近くに住んでいる娘も応援に来てくれた。

助けてくださる人たちがいてありがたい。

20190119_215850


リピートして参加してくださる人たち。

四万十市からの若いお母さんたちのグループ。

おかげで、ゆっくりと来客とお話しできた。

いつもはあっという間に終わってしまう「こども食堂」

今回は、ゆっくりと会話を楽しむ時間があった。

メニューはカレーライス 野菜のキッシュ マカロニサラダ りんごのパウンドケーキ みかん

参加者 大人12 こども13 幼児9 の36名 スタッフ9名でした。

 

 




ありがとうの日

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

いつものように大家族に囲まれて過ごすお正月、今年は年末から暖かく、穏やかな年明けだった。

平成最後のお正月も終わり、日常の生活に戻った。

1週間前に「ぎっくり腰」になり、2日ほど息もできないほど痛かったけれど、幸い大したこともなく今はコルセットを巻いて普通の生活をしている。

忙しさにかまけ、運動不足も否めないし、ある意味無理ができない年齢になったのだと今更ながら実感もしている。

誕生日の今日、思いがけないお祝いの電話やメッセージ、友人からのプレゼントが届く。

勿論、娘たちからも・・・。

そんな中、夫からデコレーションケーキとワインのプレゼントが!

20190117_200257


こんな時、どう表現してよいのか、少し戸惑う。

素直に嬉しいと言おうと思う。

昨年から急に忙しくなりブログも余りUPしていないし、FB上に誕生日を表示していない。

・・・にもかかわらず、お祝いのコメントをくださるFB友がいる。

誕生日は周りの人に感謝する日。

ありがとう♪

優しい人たちに囲まれて私は幸せです。

今年はもう少しブログもFBもUPしたいと思っています。

今年もよろしくお願いします。

 

 




2018・12月庭の花

2018年も後1日で終わる。

恒例の年末の大掃除、お正月を迎えるための家事で大忙し。

今年は公私ともに色々あったし、それなりに充実感もあった。

庭を掃除していると冬の花やまだまだ健在なコスモスも咲いている。

201812_r


8年以上続いているブログも最近は余り書けていない。

来年は今の活動を見直し、内容を充実したいと思っている。

今年もつたないブログに来ていただいた皆様ありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

2019年が皆様にとって、よい年でありますようにお祈りしています。

 

 




2018.・イブ前夜に・・・

師走も押し迫り明日はクリスマスイブ

いつもに増して慌ただしく過ぎた今年も後少しで終わる。

年末までに片付けなければならない家事もいっぱいあるけれど、恒例のお墓参りも済ませイブの明日は高知市で過ごす。

絵本ボランティアも20日で終わった。

いつも行く学校の掲示板の言葉が心に残った。

その一言

その一言で励まされ その一言で腹が立ち その一言でがっかりし、その一言で泣かされる。

ほんのわずかな一言が不思議に大きな力を持つ。 ほんのちょっとの一言で。

絵本を通じて子どもたちと共有する始業前の時間。

その一言がこどもたちの心に響いているのか定かではないが、その一言を大切に来年も子どもたちに会いに学校に行こうと思っている

 

1日早くメリークリスマス🎵を送ります。

 

 




12月のこども食堂

冬らしい晴れた土曜日。

2018年12月の「こども食堂」は久しぶりに「まちのえき林邸」で開催した。

最近は余りPRしていなくても、すっかり定着してきてありがたいと思う。

12_r

クリスマス前ということで、善意のサンタさんたちからの差し入れがあった。

母子推進員の先輩から「鯛めし」を2升分。

いつもお手伝いしてくれている宿毛高校の女子生徒さんから「マドレーヌ」を・・・。

地元の洋菓子屋「タンプルタン」さんからスタッフにもお菓子のプレゼントがありました。

その他、新鮮野菜も「こども食堂」に・・・と沢山いただいく。

このように、善意の輪が広がっていることがありがたい。

「こども食堂」を始めたからこそわかった「温かい人のこころ」

12月のメニューはオムライス風 鯛めし 鶏のから揚げ 野菜のストロガノフ クリスマスサラダ ショートケーキ マドレーヌ みかん・・・と盛りだくさんでした♪

おとな28人 こども26人 幼児16人 遅れてきた人にはメニューがあるもので対応(6人位)

参加人数スタッフ11名でした。

大勢の人から「おいしかった」と笑顔で言ってくださるのが私の一番の幸せ。

毎回、いつも支えてくれているスタッフのみなさん・・・・ありがとうございます♡

来年もまたよろしくお願いします。

 

 

>




2018.秋徒然

秋の景色を求めて、しばし徒然の小さな旅に出かけていた。

高知県は長い。

西から東の果てまで久しぶりに行っていた。

室戸から甲浦を経て薬王寺までが1日目。宍喰のホテルで一泊。

広い温泉からだるま朝日にも出会うことができた。

2018_r


野根から中岡慎太郎が脱藩したときに通ったという「野根山峠」を通り北川村に・・・。

山越えの道は紅葉が美しかった。

モネの庭にも立ち寄った。

青いスイレンの季節の賑わいとは違い、また秋色に染まる庭も趣があった。

2018_r_2


帰宅すると遅く種を蒔いた庭のコスモスが美しい。

2018_r_3


小さい秋は我が家周辺にも降りてきている。

 

 




より以前の記事一覧

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント