カテゴリー「映画・テレビ」の記事

流れに身を任せる

立て込んでいたスケジュールがやっとクリアでき、ここ2~3日ゆっくりとした時間を過ごしている。

あさドラを見ていたら「流れに身を任せたら、方向性が決まってくる」・・・というセリフにハッとした。

色々なことが形になってきているのも協力してくれる人の力によるもの。

反対に批判もある。

いつもはボジティブに考える方だけど、疲れているのかナーバスになっていた。

そうだ・・・流れに身を任せよう!

と思ったら心が軽くなった。

Img_3564_800x600_2

Img_3565_800x600

Img_3567_800x600_2

Img_3569_800x600_2

Img_3562_800x600_2

庭に出ると春の花たちが咲いていた。

コブシ、水仙、クリスマスローズも今が盛り。

花たちは季節を忘れず、咲いてくれる。

明日は恒例のお墓掃除にでかけるつもり。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

モルダウ

今、WBC戦が面白い。

その後の番組「カルテット」を毎回楽しみに見ている。

TVはほとんど見ないと言いながらブログ更新するときにこの時間帯のドラマを見ていたら結構ハマってしまった。

出会うはずのない4人の男女が偶然出会う。

それは弦楽器を通じたものだった。

冬の軽井沢、別荘生活をしながら、近くのレストランでカルテットを組んで活動している。

Quartet511024x679

4人の人生は謎の部分が多い。

物語も最終章になった。

ストーリーもだが、彼らの会話が毎回面白い。

久々の大人のドラマも後1話で終わりになる。

彼らの弾く「モルダウ」が好き。

たまには静かにクラシックを聴いてみたくなった。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

 

ネットワーク会議

今日は高知市で「こども食堂」ネットワーク会議に出席。

午前9時45分開催だったので7時10分頃、家を出発。

途中寄り道をしても9時30分くらいでお城下の県立文学館についた。

最近、結構早く着くようになった。

自己紹介で「宿毛からです」というと、皆さんこぞって「遠路ご苦労様」と労ってくれる。

高知県津々浦々で「こども食堂」の輪が広がっている。

2017022320370400_2

2017022320370500


お話を伺っていると、数年前に設立しているところや私のように始まったばかりのところ、これから開こうとしているところ等、多種多様だった。

「こども食堂」の思いは、そのグループの特色がある。

ただ言えることは、「こどもに寄り添う、ホッとする居場所になる」はどのグループも同じ。

とてもよい勉強になった。

余り、他の人とお話しする時間がなかったけれど、お隣だったグループの代表さんとは名刺交換ができた。右隣りの人は実家がある土佐清水の代表さんだったので、これからまた色々交流していただきたいと思っている。

県がバックアップしてくれることで、これからの活動に明るい前兆を感した会議だった。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

凍れる月

今週末は雪に閉じ込められていた。

飲み会に出かけていた夫を迎えに行くため、外に出たら凍れる冬の空に月が出ていた。

Img_3469_800x600


十六夜の月はハッとするほど美しい。

明日は天気がよくなるという。

春の訪れは、まだ遠いのだろうか。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

子ども時代の記憶

いつも通る道沿いに紅梅が咲き始めていた。

季節は忘れずやってくる。

2017020722572900

2017020722573003


朝の時間、久しぶりにTVを見る。

あさドラもあまり見ていないからストーリーがわからない。

その後の「あさイチ」で「知ってほしい・・・いじめ後遺症」をテーマに取り上げていた。

いじめを受けていた子どもが、大人になって突然その後遺症が現れることがあるという。

こころに受けた傷は深い。

それは摂食障害やうつ病、対人恐怖症など精神疾患を発症する事例もある。

自責の念や自尊感情の低い人が多く、適切な治療でもとに戻ることが可能。

ちょうど同じころ、お気に入りのブログで「小学校時代の自分に本来の自分の姿が隠れている」という内容の記事があった。

小学校の6年間で人格形成し、成長するにつれ自分の悪い部分は隠してしまい本来の自分自身は見えにくくなる。

そういえば・・・と納得することが多い。

私の小学校時代は、あまり目立つことはしない、おとなしい子どもだった。

いつも周りの友達に大事にされていた記憶がある。

スポーツは苦手で、勉強はコツコツするタイプだったように思う。

積極的な性格になったのは中学校からだった。

今現在、こんな風になったのは自分自身でもわからない、謎である。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

花のあとさき

寒暖の差が激しい。

寒かったかと思うと温かくなったり・・・温度差があるためか体調管理が出来にくい。

インフルエンザが蔓延していて「読書ボランティア」に行く学校でも、り患して休んでいる児童も多い。

1月の終わりの週…深夜にNHKプレミアムドラマ~「花のあとさき」ムツばあさんのいない春~を見た。

それも途中から・・・。

Photo Photo_2


2002年、秩父山中の限界集落に住む、ムツさんご夫婦を2014年まで追いかけたドキュメンタリードラマ。

初めのシーンは道路わきの空き地に二人で紅葉の苗木を植えていた。

この集落はダムができるまで人が通るだけの道だった。

大正15年生まれの彼女は極度の近視で、家業の農業を手伝う。

そのころ、ほとんどの女性が小学校を卒業するとすぐ村外の紡績工場に働きに出ていた。

26歳の時、秩父山中の集落に嫁ぐ。

農家の仕事は休む暇もなく続く。

水道もなく川から何度も水をくみ上げ、養蚕の桑を大きな籠で担う。

小柄な体でよく働いた。

ご主人が亡くなり一人になったムツさんは冬の間は息子さんの住む町で暮らす。

次のシーンでは、ムツさんが急斜面の畑に花桃の木を植えていた。

それがムツさんを見る最後の場面になった。

畑で倒れ、2週間床につき天国に行ったという。

2014年春、ムツばあさんが植えた花桃の花が美しく咲いていた。

自分の終わりを迎える時を悟って、先祖が切り開き守り続けた畑を自然に返す。

ムツばあさんの生き方は今を生きる私たちの心に響く。

見終わった後、清々しい気持ちになった物語だった。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

雪の朝

朝起きると一面の雪だった。

先週、色々なイベントごとがあったので、神様がお休みしなさい・・・のプレゼントを

くださったのかもしれない。

田んぼの中で比較的大きな鳥がツガイで遊んでいた。

2017

2017012312202700_2


午後から近くの小学校に行く。

インフルエンザのため学級閉鎖しているという学年があり、子どもが少なかった。

ストーブを囲んで本を読んだり、温まったらカクレンボをして遊ぶ。

子どもと過ごす時間もまた楽しい。

雪の日の1日は、このように過ぎていきました。

 

 

ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

高齢者の定義

年明けの新聞の1面「高齢者」の定義が65歳から75歳へ・・・というタイトルが気になった。

友人たちは、65歳から高齢者で「え!!」って思っていた・・・という。

確かに今の60歳代は若い。

第2の人生を思い思いのスタイルで過ごしているから、見た目も現役時代より若くなった感じの人も多い。

011_800x600


私は手放しで喜べない。

今でも、保険料は3割負担。

多分私たちが75歳になったときは、負担増になる可能性も高い。

要は高齢者も長く働かざるを得ない時代になる。

准高齢者という名称も疑問だ。

近々、研修会で発表するPP資料を作っている。

宿毛市のH29年1月1日の(65歳以上)高齢者人口は34.84%。

3年前は28%だったからその比率はぐんぐん上がっている。

人口減少と高齢化が進む高知県。

この現象にどう取り組むかが今後、日本が進む方向性も含む大きな課題だと思う。

 

 

ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

ばっちゃん~子どもたちが立ち直る居場所~

久しぶりの雨の日曜日。

やっとお正月の後片付けも終わり、夫とこれも久しぶりに外出する。

今年車検を受ける愛車も10年目になり、人生で最後になるであろう車を見に行く。

高い買い物、まだまだ決断できない。

Photo

Baccyann


昨夜放送のあったNHKスペシャル「ばっちゃん」の録画を観た。

広島市内のマンションの自宅を開放し、つまずいた子どもたちに寄り添い、その立ち直りを支えてきた女性のドキュメント。

現在82歳の彼女は40代から6年前まで保護司として子どもに関わってきた。

保護司を引退した現在も、その活動を続けている。

集まってくるのは貧しさのため食事をとれない少年や育児放棄された少女たち。

彼らに温かい食事を提供し、彼らの話を聴く。

「ようきた、ようきた」「えらかった、えらかった」の言葉がばっちゃんの口癖。

ばっちゃんとは近所のおばちゃんたちより、より自分に近い存在だと彼らはいう。

最近は協力してくれる女性たちも増え、その活動を前進させている。

少年院から仮釈放した少年が一番先に会いたい人は「ばっちゃん」だった。

出所した車の中から「ばっちゃん」に電話していた。

観ていて何度も涙が出てきた。

私も「ばっちゃん」のような存在に近づきたい。

まずは目の前に迫ったことを実行することなのだと思った。

 

 

ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

冬来たりて・・・寒月と虹

昨夜、外に出てみると美しい月が出ていた。

今年最後の満月だったようだ。

Img_3359_800x600

さえわたる冬の夜空は月も星座も美しい。

夜、熱が出た。

朝起きると熱がうそのように下がっていた。

たぶん、市販の薬が効いたのだろう。

ここしばらく睡眠不足とイベントなどが重なり体調が悪かった。

口唇炎にもなっていたし、肩こりもひどかったからか。

午後から病院に行く。

帰る途中、虹が出ていた。

2016121516195201


月も虹も神様から「元気にな~れ」のメッセージだったのかも・・・と受け止めた。

2016121516195101

冬来たりて、よきこと天から降りてくる・・・のかもhappy01

 

 

ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

より以前の記事一覧

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ