カテゴリー「育児」の記事

親子で学ぶ防災講座

この週末、高知市に行っていた。

毎年、この季節にある男女共同参画センター「ソーレ」のイベントに私たちのグループが参加。

今年は「防災」活動のエクスパートであり、現在も県内外で活躍している安芸市在住のSさんの講座を持った。

お互い、忙しく本番までに打ち合わせも1度しかできていなかった。

それでも、スムーズに楽しく講座が進んだのは彼女のモチベーションの高さとその人柄だと今更ながら再認識する。

土佐市の女性と私は災害時に役立つ「防災食」「保存食」のコーナーを担当。

勿論、試食あり・・・で!

2017012921553801

2

2017012921553903

2017012921553902

2017

2017012921554101

2017012923275000

2017012923275001

お手伝いのメンバーも少なく、一時はどうなるのかと思っていたら、阿吽の呼吸で何とか切り抜けた。

集客も結構あって安堵する。

1月はイベント続きで目まぐるしかった。

娘宅に泊り、孫たちとゆっくりした時間を過ごし夕方無事帰宅した。

緩急ある日々、それがいつまで続くかは神のみが知っているのだろう。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

「こども食堂inすくも」準備完了

明日、「こども食堂」がプレオープンする。

Photo



ここしばらく準備に大忙しの毎日だった。

整備も不十分だけれど、なんとか実施することにこぎつけた。

宿毛小学校の掲示板にとお願いしたチラシを

校長先生のご厚意で低学年の児童に配布してくださったそうだ。

子育て支援センターには保健師さんが、市役所では後援もいただく。

思いもかけない人たちから助けていただいたことに感謝!

寒さが一番厳しい季節。

明日を楽しみに♪

第一回が楽しく開催できたらうれしい。

 

 

ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

つながる活動

2~3日前から寒波襲来!

今日はいの町での母子保健推進員交流研修会に行っていた。

2017011622551401

2017011622551300_2

2017011622551200

講師には安芸市でこども食堂を主宰している女性。

彼女の生き方に感化を受け、私も一歩前に進むことができた。

出会いは不思議なもの。

8年前に高知市の研修会で彼女と出会い、色々な場面で彼女と再会する。

・・・と言っても実際お会いしたのは2度ほど。

新聞の「声ひろば」、フェイスブック上などで、その活動を知り共感できた。

「母として生きる」の講話は彼女の生き方そのもの。

じんわりと心に響く言葉がいくつもあった。

寒い季節の研修会は風邪や体調不良のため行けなくなったメンバーも多かった。

お忙しい中にもかかわらず、私たちの要請に快く応えてくださってありがとうございました。

 

 

ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

ばっちゃん~子どもたちが立ち直る居場所~

久しぶりの雨の日曜日。

やっとお正月の後片付けも終わり、夫とこれも久しぶりに外出する。

今年車検を受ける愛車も10年目になり、人生で最後になるであろう車を見に行く。

高い買い物、まだまだ決断できない。

Photo

Baccyann


昨夜放送のあったNHKスペシャル「ばっちゃん」の録画を観た。

広島市内のマンションの自宅を開放し、つまずいた子どもたちに寄り添い、その立ち直りを支えてきた女性のドキュメント。

現在82歳の彼女は40代から6年前まで保護司として子どもに関わってきた。

保護司を引退した現在も、その活動を続けている。

集まってくるのは貧しさのため食事をとれない少年や育児放棄された少女たち。

彼らに温かい食事を提供し、彼らの話を聴く。

「ようきた、ようきた」「えらかった、えらかった」の言葉がばっちゃんの口癖。

ばっちゃんとは近所のおばちゃんたちより、より自分に近い存在だと彼らはいう。

最近は協力してくれる女性たちも増え、その活動を前進させている。

少年院から仮釈放した少年が一番先に会いたい人は「ばっちゃん」だった。

出所した車の中から「ばっちゃん」に電話していた。

観ていて何度も涙が出てきた。

私も「ばっちゃん」のような存在に近づきたい。

まずは目の前に迫ったことを実行することなのだと思った。

 

 

ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

みんなぁで子育て

子どもの居場所づくりで今年3月にスタートした安芸市「こども食堂・くるり」を主宰している若いママさんのKさんが2日連続で新聞に掲載されていた。

TVにも出ていたそうだが、それは見逃がした。

投稿欄には「活動に込めた思い」を。

翌日(16日)には県社会福祉大会で「こどもの貧困見逃すな」のパネラーとして登場。

子どもたちに「あなたは大切」と伝えるには、理屈ぬきに「食卓を分かち合うことに尽きる」信じて待ち続ける大切さを強調した。

・・・ことなど。

「声ひろば」での、彼女の言葉に、勇気をもらった。

活動の原点にあるのは「1人の子どもが育つには10人の親の愛がいる」という思いです。

県内でもさまざまな取り組み、またそれを応援してくださる方々が増えています。

「みんなぁで子育て」この輪が広がりつながることに、喜びを感じています

私も.「こども食堂」オープンに向け今、一歩踏み出しました。

活動を共にしてくださるママさんたちのイベントに今日は参加しました。

2016111923514101

2016111923514102

2016111923514200

徐々にですが、前進しています。

 

 

ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

きみはいい子

早朝激しい雷に目が覚め、慌ててパソコンの主電源プラグを抜いた。

以前、パソコンが壊れてしまった苦い経験があるから。

Img_2843_600x800


昨日夕方、高知から帰り、私たちのボランティア団体が共賛している「きみはいい子」の映画を観に行っていた。

四万十市出身の作家「中脇初枝」さんの原作を映画化した作品で、3部作からなるストーリー。

クラスで起きる問題に悩みながらも、踏み込みきれない若い小学校教師。

自分の娘に手をあげる母親は同じ過去を持っていた。

一人暮らしで認知症の高齢女性。

むかしは子どもだった大人も「きみはいい子」と言われ抱きしめられた記憶があるのか・・・それだけで人は変わることができる。

それは今、大人である私たちにも当てはまることで、「愛されている」という充足感があると人は一歩前に進むことができる。

観客にエンドのない課題を問うという、久しぶりに見ごたえのあるよい映画だった。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

育む

良いお天気続きで1昨日植えたナス、かぼちゃ、キュウリ、トマト、ピーマンなどの苗の水やりが夕方の仕事となった。

作物を育てるのは子育てとよく似ている。

愛情をかけた分、すくすくと育つ。

ただし、過保護もダメだし、放任してもダメ。

自立するまでの間は、手助けする。

だから、面白いのかもしれない。

Img_2666_800x600

Img_2665_600x800_2


今日、関わっているボランティアの1つ「母子保健推進員」28年度総会があった。

今年から2年間、市から委嘱される。

今回で3回目の会長職に。

昨年度からの検討課題が、中々まとまらない。

自分の力のなさなのか落ち込むこともしばし・・・。

振り出しに戻って、また出直すことになりそう。

目標は近そうで遠い。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

柔らかい力

3月は年度終わりの会議がよくある。

今年の成果や課題を集約し、来年度に繋ぐ。

今日も関わっているボランティアの総会があった。

新しいことを始めるということは、会そのものの一致した意見が必要だ。

まだまだ課題が残っている。

新しい一歩の始まりと思うと気持ちが新たになる。

Img_2512_800x600


あさドラ「あさが来た」をまとめてみる。

苦難を乗り越え日本で初めての女子大学を設立する。

その入学式での祝辞であさは言う。

みんなが笑って暮らす世の中を作るには「女性の柔らかな力が必要」だと・・・。

そうだ!!その柔らかい力が今こそ必要なのだとドラマを見ながら納得した。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

雛の思い出

我が家は3人の女の子。

長女の時は7段飾り、次女がケース入りのお雛様。3女に至っては、さらに小さなお雛様だった。

それを毎年飾っては片付けるのはすべて私の仕事。

出すのは楽しいけど、始末するのが苦手だった。

Img_2438_800x600


その子どもたちも社会人となり上2人は結婚し母になった。

孫たちにもお雛さまを買ったけれど、私がしていた出し入れの仕事は娘たちが継続していることだろう。

以前、写真を整理していて雛段の前に座った赤ちゃんの写真があった。

白黒でセピア色になっているが、これは紛れもなく私。

あまり豊かでなかった時代によく、こんなお雛様をそろえてくれたのか不思議だ。

我が家は、最近はお雛さまも出さない。

雛の思い出は年を重ねるにつれ、その頃のことを鮮明によみがえる日でもある。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

未来へ

朝起きると一面の雪景色。

10時ごろ裏庭の積雪を図ってみたら20cmあった。

久しぶりの大雪。

家族はいつもより早めに出勤した。

月曜日は放課後教室の日。


Img_20160125_36158

Img_20160125_55157


お天気がよく校庭の雪は溶け始めていたが日陰の雪を集めてきては鎌倉づくりをしていた。

それでも楽しく外遊びをしている。

ゲームではない遊び、私たちの子どものころを彷彿とさせる。

この子どもたちの未来が希望の光に満ちていますように・・・と心の中で祈っていた。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

より以前の記事一覧

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ