カテゴリー「園芸」の記事

10月の庭

やっと大好きな季節の到来!

暑かった夏も終わり、朝夕は肌寒くもある。

庭も例年より手入れできていない。

それでも秋は秋の花が咲く。

Photo


花を愛でる暇もなく10月も終わりそうだ。

11月は野山が色づき晩秋になる。

「色々やりすぎじゃない?少し断ったら!」・・・とよく言われる。

少しづつ、ボランティアも減らしていくつもり。

一番それを感じでいるのは私自身なのだから・・・。

 

 




秋の気配

やっと秋らしくなり、朝夕は涼しくなった。

・・・と思ったら秋雨前線の影響で朝から雨の1日だった。

今夏は台風や異常なほどの暑さに見舞われ、またまた北海道で地震。

普段は穏やかで美しい景色も一変する。

他人ごとではなく、明日はわが地域かも・・・・自然界の猛威に私たちは畏怖するしかない。

Img_4704_800x600 Img_4705_800x600

Img_4706_800x600 Img_4707_800x600

Img_4708_800x600 Img_4697_800x600


1日1日を大切に紡いでいこう。

庭の花たちもまだ夏のままだけど、気が付けば柿の実がなり少しづつ秋の気配を感じる。

この夏は、身辺がいつにもまして忙しかった。

ようやく落ち着いた。

夏旅のことも、またブログにUPしよう。

 

 




ひとときの

7月上旬から今日まで猛暑日が続いた。

庭でメダカの水替えをしてるとボツボツと雨が降ってきた。

今日の雨は恵みの雨。

ひととき、人も猫も畑の植物たちも生き生きする。

長雨の後は猛暑日となり、体調も悪く中々仕事ができなかった。

最近、ボツボツと始めてやっとスッキリした。Img_4667_800x600

明後日は末娘の結婚式がある。

花嫁の母は今のところ家、内外の掃除に忙しい。

鏡を見ると少し日焼けしている。

それでも「まぁいいか」と思いながら、その日を待つ。

Img_4668_800x600


Img_4669_800x600

Img_4670_800x600


Img_4671_800x600

Img_4672_800x600




 

 




現在・過去・未来

この週末はお天気が良かった。

土曜日は関わっている団体の総会だった。

5年目を迎える今回は、その振り返りと未来に向けてメンバー同士の目的の共有などをまとめたものを発表する。

聞いてもらうのではなく、これからを考えるという企画。

まだこれをやろう!・・・・でまとまった感はないけれど「種を蒔いた」ことは事実。

800x479 
800x472
 800x473_2


800x473

日曜日の今日は地域の花壇の清掃(草取り)と夏の花を植える。

ビフォー・アフターの写真も撮れなかったけれど、協力してくれる人たちがたくさんいて思ったより早く終わった。

2018060321234600_800x600


2018060321234400_800x600

・・・と、ちょっぴり疲れた週末の過ごし方でした。

薔薇だより

梅雨入り間近かな・・・と思うほど、すっきりしない日が続く。

久しぶりの雨。

午前中、読書ボランティアに行っただけで、あとは少しだけ時間が空いた。

新聞もまとめて読んだり6月の総会資料を作ったりで半日過ごす。

猫も足元で寝ている。

1526820951079

1526820956929

1526820973131

2018052022091400


そんな時、松山の娘からラインでバラの花の写真が送られてきた。

3年ほど前、しまなみ海道にある「よしうみバラ園」に彼女たちと一緒に行った。

種類も多く美しく咲いていた。

今年は、その「よしうみバラ園」に行きたいと思っていたけれど、スケジュールがいっぱいで今年もバラ園には行けなかった。

そんな私への娘からのプレゼントだと受け止めている。

ありがとう♪ バラの写真を見て、少し元気になりました。

 

 




風薫る季節に

みかんの花の甘い香りが、ほのかに漂ってくる。

1年中で一番気持ちのよい季節になった。

君子蘭も美しく咲いていたのに、日々の煩雑さの中で写真を撮ることもできなかった。

Img_4545

Img_4544


その隣に1昨年買ったバラも咲いた。

裏庭には夏椿がびっしり白い花を咲かせている。

Img_4539


Img_4540


私はというと、なぜが気ぜわしい。

今年は孫も1日だけ帰ってきただけ。

それでも祝日は千客万来。

Img_4543


人がどんな暮らし方をしようと季節は忘れずやってくる。

豊かな自然の中で、私はしばし、ほっと一息つく。

GWも明日だけになった。

楽しみながら生きているのだろうか・・・としばし思うことがある。

自分らしくを忘れそうな昨今、休み明けはいつも通りの生活に戻ろう。

目線を移すと

4月も、あっという間に終わる。

色々なことをクリアして、ようやくホッとする時間ができた。

庭の花たちも数日で入れ替わっている。

牡丹の後の芍薬も満開。

Img_4527_800x600


Img_4528_800x600


Img_4529_800x600


Img_4530_800x600

Img_4531_800x600


Img_4532_800x600
.
Img_4534_800x600

Img_4535_800x600

畑に植えている草花は意外と元気。

ひと時、畑にいるとこころが落ち着く。

明後日には「こども食堂」もある。

後は晴れてくれることを祈るだけだ。

花の色は

余り手入れもしていないのに、我が家の庭には次々に花が咲く。

裏庭にシャクナゲが咲いた。

Img_4497_800x600

Img_4498_800x600


牡丹、アイリス、ナルコユリ、シャガの花、エビネ蘭、スズラン、モッコウバラ等々

Img_4493_800x600

Img_4492_800x600

それと今年はポピーやスィートピー、アリッサム、カモミールなどの草花が可憐に咲いている。

Img_4491_800x600

Img_4496_800x600

Img_4504_800x600


Img_4499_800x600

‟花の色は移りにけりないたづらに我が身世にふるながみせしまに”

小野小町は、桜の花と自分の容色を対比して詠んだ有名な歌がある。

だから余計絶世の美人だったと後世まで広まったと思う。

人は老いる。

久しぶりに会う人から「全然お変わりありませんね」・・・などとお世辞を言われる。

10年前の写真と今を比べると、愕然とする。

事実を事実と受け止め、今を生きる。

桜以外にもこれから咲く花たちに、こころ奪われている毎日だから。

 

 

にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪




ターシャ・チューダーのように

終日家の中にいて、夕方庭に出た。

ここしばらく雨が降っていない。

色々が重なって菜園も花畑も世話ができていなかった。

Img_4467_800x600 Img_4468_800x600

Img_4470_800x600 Img_4469_800x600

Img_4473_800x600 Img_4472_800x600

庭に咲く花たちも今はこんな感じ。

畑での作業は土と向き合うことで無心になれるから好き。

時季外れに蒔いたハーブが、一斉に花開いていた。

思いもよらない自然からのサプライズ!!

ターシャの庭のようにナチュラルガーデンを作りたいと思っている。

遠い夢ではあるけれど、いつか叶えたい。

 

 

にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪




花咲く庭

手入れも余りしていない庭の花たちが一斉に咲いた。

566x800


春は突然やってくる。

自然の移り変わりは、その年々によって違いはあるものの、季節は忘れず訪れる。

あと数日もすれば桜も咲き始める。

生きていることは素晴らしい♪

 

 

にほんブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪




より以前の記事一覧

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント