カテゴリー「エコ」の記事

暮らしのおへそ

台風の影響か、晴れていても急に雨がザァーと降る。

恒例の「梅を干す」作業をしていて、慌てて取り込んだ。

宝塚に住んでいる従姉から小包が届いた。

盛夏の贈り物。

添えられた手紙と好みに合わせた本を選んでくれているのが嬉しい。

勿論、おいしいお菓子も・・・。

Img_3981_600x800_2


「暮らしのおへそ」は、その人が持つ習慣をテーマに編集されている。

今回は樹木希林さんの「無欲になったら何が見えますか?」

「今さら」ではなく「今から」。それだけで人生が変わります・・・・理学博士の佐治晴夫さん。

等々・・・素敵な人たちの「暮らしのおへそ」

ぶれない人のぶれない生き方にひかれる。

私も退職後は自給自足のスローライフを目指そうと思っていた。

地域のボランティアもあり、完全なスローライフではないけれどそれに近い生活は送っているつもりでいる。

真夏の午後、ゆっくり本を読むのも楽しみの一つ、だたしすぐ眠くなるけどhappy01

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

9年目に突入!

蒸し暑さが半端ないと思ったら日本列島を囲むように低気圧と台風が発生している。

その影響かザーと雨が降る。

Photo

夏野菜もそこそこ収穫でき、「ゴーヤジュース」も毎朝作っている。

2009年7月27日から始めたブログも8年間続けることができ、9年目に突入。

最近は毎日UPしていないけれど、継続することができたのは、読んでくださる人から温かい応援メッセージがあったから。

ブログは自分自身の歩みを綴る日記ともいえる。

今日の一番をUPしているブログはある意味「My Hiistory」で終活だと思っている。

これからもよろしくお願いします。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

新しい森の文化

2018年に開校予定の県立林業大学校初代校長に隅氏が就任するというニュースが昨日の新聞に載っていた。

Img_3800_800x600

Img_3805_800x600



彼は木の魅力を生かした建設設計を内外で手掛け2020年開催の東京オリンピックのメイン会場のデザインを手掛けたことでも知られる。

高知県との関わりは、梼原町の雲の上のレストラン、梼原町役場など。

森林率91%の梼原町はいち早く、木材で町を元気にするアイディアを次々実践し、活性化している。

梼原町役場はすべて木材を使用し、危機管理面でも、防災の拠点としての様々な取り組みがなされている。

Photo


小水力発電、風力発電などは言うまでもない。

隅氏が梼原町を最初に訪ねたとき「森と人との距離が近く、ここに日本の未来があるかもしれない」と思ったそうだ。

林業再生には、若い人に関心を持ってもらうことが重要。「若い力と林業を結びつけるのが私の使命だ」という心強いメッセージに私も嬉しくなり、思わず拍手を送った。

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

春の花壇

昨日、久しぶりに小学校の放課後教室に行く。

強風に桜も散って庭は花びらの絨毯。

花壇も春の花が美しく咲いていた。

2017041221035500

2017041221035601_2

2017041221035501_2


雨が降るので草がよく伸びる。

6日、花見の宴の後、花壇の整備と花を植える作業を予定していた。

その日も雨で、ようやく晴れた今日、その作業をした。

春はイベントも多い。

今年の市民マラソンはちょうど花壇のある場所が折り返し地点になっている。

今週の日曜日だから、やっと間にあった。

ウィークデイなので、働いている世代の参加はなく、いつもより参加者も少なかった。

ビフォーの写真は撮れなかったけど、アフターはきれいになった花壇を撮る。

Img_3646_800x600

Img_3648_800x600


地域に住む人も高齢者が多くなり、そのうちNPO団体にお世話になる日も近いかもしれないけれど、共有する作業はできるだけ自分たちで頑張りたい。

 

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます(^^♪ 高知の情報が満載です♪

四季を愉しむ手仕事

今日の新聞一面、下段にある本のPR欄に「四季を愉しむ手しごと」のタイトルが目についた。

~旬のくだもの、季節の草花とていねいに暮らす~がサブタイトル。

Img_2433_800x600


ていねいに暮らしているかどうかはわからないけれど、田舎で暮らしていると四季の手仕事をしている。

今は畑に残っている大根を引き、千切りにして干し大根にする。

今年は日々の煩雑さにまぎれ、まだ取り組んでいない。

四季折々の手仕事は、しているように思う。

ただ、ていねいに暮らしているかどうかはわからない。

 

 ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

エコな生活

退職後は自給、自足・・・エコな生活を目指そう!・・・と思って取り組んできた。

暑い夏は菜園は草だらけになってしまうし、草との戦いの日々は楽しいとも言えないときもある。

それでも諦めずに季節の野菜をほとんど無農薬で育てている。

春夏秋冬・・・それぞれの季節に手仕事が待っている。

初冬の今は干し柿を吊り、味噌づくりを友人たちとおこなう。

昨日、恒例の味噌づくりをした。

001_800x533

003_800x533

007_800x533


<忙しくて、あまり写真がとれなかった>

量販店にいけばなんでも手に入る。

誘惑にまけず、続けてこられたのは、私自身手間暇かけてものを作りだすことが好きなのかもしれない。

今はボランティア活動が思いのほか忙しくなった。

それでも基本は崩したくない。

疲れやすくもなったけど、楽しみながら続けていきたい。

 

 

ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

防災食講座

昨日、企画した食の講演会「防災植物ってなぁに?」が無事終了した。

Img_3254_800x600

Img_3259_800x600

Img_3258_800x600

Img_3255_800x600 Img_3261_800x600

 

災害時、食糧難になったときも「防災植物」の知識があると自分の命を守る助けになる。

それは、庭先や畑で見かける雑草と言われる中にも食べられるものがある。

「防災植物」とは食べられる野草の中でも安全で簡単に食べられるものを指す。

出会いとは不思議なもの。

講師の斎藤香織さんとは、四万十市で開催された防災士講座で出会ったのがご縁で、その後FBで友達になり、彼女の活動を知る。

Img_3256_800x600

つゆ草、スギナ、ヨモギ、葛の花とその蔓先、ユキノシタ、クローバーなど身近な野草がおいしい料理に変身する。

食べられる野草とそうでない野草を知ることでいざの時の助けになる。

斎藤さんは4年前四万十市に移住、現在は四万十市を拠点にシニア野菜ソムリエとして商品開発や防災植物教室、食育マイスターとして子どもたちに食の大切さや楽しさを伝えるイベントも開催している。

今年8月から四万十市郊外で月1回「ボウサイショクブツカフェ」をオープン。

毎月大盛況で、忙しい日々を過ごされている。

まだまだ知りたいことがいっぱいで、質問も多く、あっという間に終わってしまった。

ゆうき栽培で育てた野菜を加工することで付加価値が上がる。

そのためのレシピ開発や商品開発を今後ともお願いしたい。

課題はいっぱいあるけれど、まず一歩踏み出すことだ。

行楽、紅葉のシーズンでしかも芸術祭の前日ということで、参加者が予想より下回ったけれど、内容が充実したよい講座だった。

11月初めからイベントが多かった。

これから少しだけ、ゆっくりできそうだ。

 

 

ブログ村 高知 その他の街情報

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

手間をかける

今日は所属している「ゆうきの会」の味噌づくりの日。

あいにくの雨だったけれど、メンバーや味噌づくりを聞きつけて参加したいという人を合わすと14名になった。

Img_2850_800x600

Img_2849_800x600

Img_2851_800x600

今回は合わせ味噌に挑戦!

数日前に米麹、麦麹合わせて20kgを仕込む。

麹づくりは子どもと同じように世話をしなければならない。

その間、高知市へ葬儀に行っていたりと家を留守にしていた日があった。

大切な時間の空白が気になっていたけれど、きれいな麹ができて一安心。。

今日も、いつものように和やかに作業する。

それぞれ、自分用の保存容器に入れ持ち帰る。

手間をかけて作る味噌が3~4か月後、おいしくできていますように・・・・と祈るよな気持ちになる。

初めて参加された女性3名が入会したいといってくださった。

「楽しかったよ」と言ってくれる言葉が何より嬉しい。

今回も活動が少し前進した。

結果よければ、すべてよし・・・を実感したイベントだった。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

草花のかおる暮らし

昨日、高知市での講座があり、その後1年ぶりに香南市に住んでいる友人の家で1泊した。

その家の主であるご夫婦とナチュラルガーデンの佇まいは、いつも変わらない。

夜になって伺ったので、庭を見たのは、朝になってから・・・。

20166_566x800


あいにくの雨だったけれど、季節の花たちに迎えられた。

これから咲こうとしている蓮の花にも出会うことができた。

友人は12年前に高知にIターンしてきた。

50代で移住したきっかけは高知は気候が温暖で、自然豊かなこと。

そして、庭、畑があり、海が近いことが条件だったそうだ。

築100年の古民家をコツコツと改築し、現在に至っている。

まさに「物質の豊かさではない」生活を実践されていて、「草花のかおる暮らし」を紡いでいる。

今年1月「ソーレまつり」で彼女のブースを訪れた団体が「ぜひ講座を」との要請があり、今日が本番。

プロジェクターやPCへの設置など少しだけお手伝いする。

高知に住んでいる私たちは、その魅力がわからない。

県外から移住した彼女だからこそ、それがわかる・・・キーワードは「草花のかおる暮らし」なのだから。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

スローライフ・スローフード

セカンドライフはスローライフに徹し、自給自足でスローフードを育てることが夢だった。

現在、スローライフには程遠いけれど、スローフードは実践していることもあり、やや充実している。

お天気が続き、干し大根が出来上がった。

Img_2426_800x600


毎日、出したり入れたり世話が大変だったけれど、出来上がったものをみれば「やった感」がある。

昨日、事務局をしているグループの広報を書き、今日郵送の準備をする。

Img_2427_600x800Img_2428_600x800_3


大変と思うと大変になるけれど、それもこれも自分が好きでやっていると思うと苦にならない。

それに近々楽しいことが待っているから・・・・。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

より以前の記事一覧

ランキング

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ